レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第34節 vs 栃木





目次


  • 山本選手はゲームをコントロールしていた
  • 感じた狙い
  • 動いた栃木と動けなかった北海道
  • 現在が未来に与える影響
  • 今後問われる采配面

こんにちは、宮本です。
レバンガ北海道の18-19シーズンのホーム最終戦が終了しました。
長いようであっという間でした。

ただ、その盛り上がりは配信を東京で見てた僕も感じるほどでした。
Bリーグが始まってから感じて考えていたこと
その答えみたいなものも1つ見えました。

勝ちたかった。でも頑張った。
そして、栃木は素晴らしいチームでした。




この試合に向けて、バスケ北海道の「87Labのがんばれレバンガ」
にも色々書きました。

よかったらフォローお願いします。

今回は、このゲームに感じたコーチ目線
その攻防を振り返って見たいと思います。




山本選手はゲームをコントロールしていた


ここまでバスケ北海道の「87Labのがんばれレバンガ」でも何度も書いているので、
すでにお気付きの方も多いと思いますが、僕の中でレバンガの山本選手の評価はもともとすごく高いです。

そして、多嶋選手、松島選手のけがによってスタメンのチャンスが回ってきましたが、
その数試合で多くの方の山本選手の評価は急上昇だと思います。

しかし、出れば出るほど、その良さも見えてきますが、あたりまですが、反対の部分も見えてきます。

その良さをどう生かし、悪さをどう埋め合わせて行くか。
それがコーチの役目の1つだと考えています。




その中で、僕が試合終了後twitter内容が結構皆さんの共感を得たようです。

多くのチームがレバンガの外国籍や折茂選手などをどう守るか。
を構築してくる中で、この数試合で初めて、栃木は司令塔である山本選手に仕掛けてきました。

これに関しては山本選手が認められた。
またそこからのオフェンスが効果的だった。

山本選手がゲームをコントロールしていた。

と栃木が考えたのだと思います。




感じた狙い


では、なぜ栃木が山本選手にプレッシャーを強めたのか。
僕なりに感じたことを書いていきます。

まず、純粋に彼のプレーがよかったからでしょう。
栃木は人数が揃っていて、レバンガはやはりPGが現状薄い。

彼の勢いを止め、疲弊させることは1つの狙いだったはずです。

実際、山本選手は終盤にいくつかミスを犯します。
そのミスや最後の組み立てを彼自身は悔やむでしょうが、僕としては彼を責めることはない。
苦しい中でも頑張ったと伝えたい。
多くの人がそういう気持ちだと思います。

ただ、難しいのが、そういう自分の評価と周りの評価の差異もなかなか色々難しい。

そこは今回の論点ではありませんので言及はしません。

そして、この3Q最後にプレッシャーを強めた狙いは僕は内海HCの心理状態だったと感じています。




動いた栃木と動けなかった北海道


繰り返しになりますが、栃木が明らかに山本選手へのプレッシャーを強めたのは3Qの残り3分くらいからです。
最初に鵤選手がマークにつきました。
そのあと山崎選手…遠藤選手もつきました。

この入れ替えたところも山本選手にとってや見え難い負担になったと思います。
(何より全員個性があってうまい笑)

要するに栃木は動いたわけです。
なぜ動いたのか。

それは山本選手がゲームをコントロールしていたからです。




ゲームの流れは栃木に行きそうになりながら、レバンガがギリギリこらえていました。
解説で田村さんも言及していましたが、こういうときに1つのプレーでころっと流れが変わる。
10点差くらいで着いて行きたいですね。

という言葉もそこにリンクします。

要するに山本選手がよかったわけです。

言い方が失礼ですが、本来そこまで期待を置いていない選手が予想以上の活躍をする。
そしてそれが勝ちに繋がりかけている。

その時のHCの心理ってどんなでしょうか。

僕は「失敗できない。要するに変えるのが怖い」

山本選手が良ければ良いほど、内海さんは山本選手をかえるタイミングを失ったと僕は感じています。
3Q中盤くらいに変えてもいいタイミングがありました。
しかし、変えなかった。変えられなかった。




栃木の安齋HCはおそらくそれを感じて、さらに変えられないようにしむけたと感じます。

PG(山本選手)にプレッシャーを強める。

それを見たときに内海さんはどう感じるか。
「山本もしんどいはず、でもここでルーキー(内田選手)に変えるべきか…明らかに栃木がPGを潰しにきている。」

この葛藤、そしてHC同士の攻防だったと思います。

栃木は最後の勝利のためにここぞというタイミングで動いた。
北海道はその策略にはまり動けなかった。

これはHC批判でもなく、ものすごい難しい決断です。
そして山本選手にかけたい。そういう気持ちも理解できる。

みなさんがHCだったら、どうするでしょうか。
山本選手を引っ張り続けた結果、最後に追いつききれない流れができてしまった。

栃木はさすがでした。




現在が未来に与える影響


流れ的には、4Qからレバンガの流れがきて、一時このままいけるぞ!!!

というときがきました。
僕もこのまま行ってくれ。

そう願った。

しかし、3Qから栃木はジャブを打っている。
もう願うしかない。

その時のツイートがこれです。
おそらく本人が1番感じていたのではないでしょうか。




その瞬間、何が起こったか…

比江島選手の芸術的なスティールからダンク。

まじか…
想像以上にやはり山本選手が疲弊している。

なら内田選手に変えれば?
と思うはずです。

ここで問われるのが、現在が未来に与える影響です。




ここで内田選手に長い時間託すことは簡単です。
しかし、これから生きるか死ぬかの戦いが待っているレバンガにとって、内田選手をここで使い、もしゲームが崩れた場合、その責任で彼がどうなるのだろうか。
このあと彼が必要だからこそ、ここで彼にマイナスの経験
(敗因が自分と思わせてしまうような)をさせてしまったら、どうするのか。

もし僕がHCでその場にいたら、もう恐怖です。

頼む…山本

そんな気分だと思います。笑

何をするにしても勇気の必要な一手だと思います。

そして、4Qの5分切ってからは栃木がゲームをコントロールし始める。
正直、万事休す
という感じでした。

ただ、きたえーるに響く声援は本当に圧巻でした。
勝敗を超えた、地元にプロスポーツがある素晴らしさがそこにあったと思います。

そして山本選手本人からすれば、俺が…と思うと思います。

ただ、誰も悪くはない。
ある意味で、やれることはやったという感じもあります。

ただ、栃木は強かったし、ゲームの進め方、相手の心理へのアプローチもさすがでした。
本当に素晴らしいチームと賞賛しかない。




今後問われる采配面


おそらくどこかのタイミングで多嶋選手が戻ってくるはずです。
そして、山本選手がコントロールできる事実とある意味の現状での限界も見えました。
(悪いという意味ではない)

だからこそ、ここから問われるのが、内海さんの采配です。

多嶋選手が戻ってきたら、どのように起用するのか。
おそらくスタメンは多嶋選手だと思います。

では、どういう意図で山本選手を起用するのか。投入するのか。

その時のメンバーはどんな組み合わせが考えられるか。
あとリーグ4試合で外国籍をどう組み合わせてくるか。
疲労、コンディション。

勝敗以上にチームの持って行き方も問われます。

山本選手が計算が立ったからこそ、増えた選択肢はHCの采配力が問われます。

この試合、内海HCの采配に試す。
という印象は無くなりました。

正直、僕がどうこういうことでもないのですが、今回気になった部分に突っ込んで見ました。
そんな視点も持ってみるとバスケが違う角度からみれて面白いかもしれません。

そして、あとは信じるしかない、というのも事実です。

がんばれレバンガ!

それ以上でもそれ以下でもありません。




バスケ北海道で連載中
87Labのがんばれレバンガ
バスケ北海道 87Labのがんばれレバンガ まとめ No.1

ここまでの連載
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第1節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第2節 vs渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール OF編 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第3節千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第4節栃木 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第5節千葉戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第6節 vs栃木No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第7節 vs三遠
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第8節 vs渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第9節 vs新潟
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第10節 vs川崎
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第11節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第11節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 天皇杯編
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール ネトHC解任
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第12節 vs 富山戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 個と組織
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第13節 vs 千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第14節 vs 秋田戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第15節 vs 福岡
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第16節 vs千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第17節 vs東京戦に向けて
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第17節 東京戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第18節 vs 三河 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第18節 vs 三河 No.2
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第19節 vs 渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第20節 vs 秋田戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第21節 vs 京都戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第22節 vs 東京
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第23節 vs 滋賀No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第23節 vs 滋賀 No.2
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第24節 vs 新潟
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第24節 vs 新潟 No.2
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第25節 vs 琉球戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第26節 vs 名古屋戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第27節 vs 秋田
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第28節 vs 横浜戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第29節 vs 川崎
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第30節 vs 東京戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第31節 vs 渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第32節 vs 栃木
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第33節 vs 千葉

番外編
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 番外編 Catch and Shoot




——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン 今節の気になるプレーなどのライン限定動画など配信中

現在200人以上が登録中!!

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
もうすぐチャンネル登録200名突破!!!
ぜひ下記からお気軽にチャンネル登録を!!

https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA