目次


  • きっかけはレバンガから学
  • 2/9,10 新潟戦
  • 3/2,3 琉球戦
  • 3/9,10 名古屋戦
  • 3/13 秋田戦
  • 3/16.17 横浜戦

こんにちは、宮本です。
今回は、バスケ北海道さんにて連載させて頂いております

「87Labのがんばれレバンガ」

こちらが本日横浜戦が公開させまして、初投稿から5つ公開されました。

僕自身、読書が好きで、よく読書をするのですが、
最近、出版イベントにも参加していて、筆者の想いだったり、エピソードを聞いて、
また深く、なるほどな。と感じたり、自分が読んで感じたこととはまた違う感情が
芽生えたりしていて、結構ハマってます。笑

そこで今回は、87Labのがんばれレバンガを書いていく中で、
僕が書くにあたりどんなものを見たり、感じていたのか。
どんな気持ちや想いをそこに綴ったのか。

を簡単に書きながら、振り返って見たいなと思います。

別に興味ないかもしれませんが、よかったら最後までお付き合いください。




きっかけはレバンガから学ぶ


この連載を書かせて頂くにあたり、きっかけとなったのが、
87Basketball Labの方で書かせもらっている

「レバンガ北海道から学ぶバスケットボール」
http://87basketball-lab.com/category/levanga/

でした。

おかげさまで多くの方に読んでいただき、メッセージなどももらうようになりました。
最初はレバンガ北海道から学ぶと言うことで、僕がブラジルのバスケって気になるな。と言う
ことで、就任したネトさんから感じたことをまとめよう!
と思って始めました。(実は)

なので、最初は戦術的なことが多く書かれていました。
しかし、成績がうまく伸びて行かずに、12月にネトさんが解任され、その辺からは
戦術よりも、メンタル的なところや感じたことをまとめる機会が増えました。

戦術的なことを楽しみにしていた方がいたら、申し訳ないなと思います。

ただ、スポーツって楽しみことが根底にあるつつ、学べることだったり、学ぶべきこと
だったりがたくさんあると感じています。




僕自身、10年間育成年代のコーチをする中で、1番苦労したのは正直保護者です笑
いろんなところで言われますが、保護者の方が子供の可能性を潰していることはかなりあります。
ただ、そこは僕自身、子供を育てたことがないので、偉そうなことは言えません。
知らないので。

ただ、関係性は似ていて、チームとブースターは親子のようなときもあれば、恋人のようなときもあり、
友達のようなときもある。
そして、何よりお客さんである。

その中で、のめり込めば見えてくることもあれば、のめり込んで見えなくなったいくこともあると思います。

プロスポーツとして、発展していく中で、ファンの形もすごく大切だと思います。
最近はそういう方向に偏っているのですが、戦術的な部分も発信したいなと思います。
(実際1人で手が回っていない笑)

ただ、根底は目の前のことから学ぶということです。
それが人間のあるべき姿だと思っています。

今、勝てないレバンガから何を学ぶのか。
僕自身、僕が感じるそのリアルをこれからも発信していきたいなと感じています。




2/9,10 新潟戦


では、バスケ北海道さんに連載された「87Labのがんばれレバンガ」を
振り返って見たいなと思います。


バスケ北海道twitter引用




連載が始まったのは日本代表がW杯を決めた代表期間に入る前の最後の試合
2/9,10の新潟戦でした。

新潟戦は「勇気」をテーマに構成させてもらった。

なぜ、「勇気」をテーマに構成しようかと思ったかというと、
当時のレバンガはどこか形を作ることに偏ってしまっていたように感じていたから。

HCが内海さんに代わり、少しずつ内海さんのやり方が増えていく中で、結果以上に
形ができているかどうか。ある意味、そこを言い訳のような空気感を感じていました。
(あくまで個人的印象)

バスケットボールはボールを持てる人が1人なので、
そのボールが持っている人が横ばかり向いていると、ディフェンスは怖さを感じずに
すごく守りやすくなってしまう。

だからこそ、その形にしばれることなく、壊していく勇気だったり、
ブースターも純粋に今シーズン調子のいい新潟に勝つのは厳しいかな〜
という曖昧さを持たずに、向かっていく勇気が大切ではないか。

また、調子が上がってこないレバンガに合わせて、ブースターもダメかな…
とある意味で、すごく純粋に気持ちが落ちていたように感じていた。

そんな時、思い切って何かを新しいトライをすることは難しい。
だからこそ、それを「勇気」という言葉に
そんな想いを言葉に載せさせてもらった。




3/2,3 琉球戦







代表期間が明けて、最初の試合がアウェイでの琉球戦だった。

僕は琉球のバスケットボールが好きなので、琉球のゲームは比較的多くチェックしていました。
その中で、怪我人が多くで、琉球もいい流れないは乗れていない中、代表期間に突入

ここで、どのチームも紐を締め直してくるわけですが、うまくいくチームといかないチームがあるはず。
そして再開の1発目のゲーム

チャンスは大いにあるな。と感じていました。

しかし、蓋を開けてみると大敗。

この時、僕が感じていたのは、琉球が強い!
というイメージを多くの方が持っていることではないかな。と感じていました。

だからこそ琉球ファンには申し訳ないのですが、ここまで琉球が調子が良くないことや
琉球の敗戦のパターンをピックアップさせてもらいました。

そういう意味では新潟戦の「勇気」という部分は継続して伝えたい。
何より、レバンガも戦えるよ!
ということを伝えたかった。

しかし、ここで不測の事態が起きました。
松島の怪我

これは痛かったです。笑
そして、新潟戦も体調不良も個人的には痛かったと思います。

結果的には大敗でした。
なんと言いますか…典型的なうまくいかないときという印象です。

正直このゲームのあとはすごくなんとも言えない葛藤がありました。笑




3/9,10 名古屋戦







そして迎えた1ヶ月ぶりのホーム名古屋戦

感じたのはここで、バラバラになってはいけない。ということでした。

根拠のない「いけるぞ!!」
という言葉も違うし、必要以上に
「今回も厳しいよね。」
と悲観するのも違います。

そこで名古屋の試合はすごくキーになると感じていました。

そこでしつこいながら、ここで「勇気」をテーマに継続させてもらいました。

結果的にはこのゲームはテーマにしていた「勇気」という部分を
1番表現できたゲームだったと思います。

結果は連敗でしたが、こう戦っていけば、まだまだやっていけるぞ!
と感じられるゲームだったと思います。

そして、その「勇気」は選手たち発信だけでなく、その周りを取り囲む
ブースターの僕らからも発信できるのではないかと思いました。

1ヶ月ぶりのホームでのゲームだからこそ、その「勇気」をブースターから選手に届けよう。
そんな想いをここでは載せたいつもりです。

勝利はできなかったけど、素晴らしいゲームだったと思います。
ある意味、勝敗以上のゲームがこの名古屋戦にはあったと思います。




3/13 秋田戦







名古屋戦は勝利できなかったものの、いいゲームができた(内容が完璧という意味ではなく、勇気を持って戦えたということ)名古屋戦を終えて、かなり重要なアウェイ秋田戦を迎えました。

札幌の2箇所でパブリックビューイングが開催され、アウェイでも盛り上がり、そして
重要性をみんなが感じていたゲームだったと思います。

ここではざっくり言ってしまえば、初めて1人の選手を長く取り上げさせてもらいました。
それが川邉選手です。

彼の活躍は本当にいつも頭が下がります。

その中で、彼がいい意味でチームを壊してくれたのが、琉球戦と名古屋戦だったと感じました。
いい意味というは、何か形を作ろう。らしさを出そう。練習したことをやろう。

というものを感じていました。それ自体は全く間違ったものではないと思います。
しかし、バスケットボールは相手がいるスポーツなので、自分たちがやりたいことをいつもできる
訳ではなく、(ただ、バスケは練習でやったことがすごく大事でもある)その場その場の判断も大切です。

そういう意味で、形にこだわりすぎていたチームをいい意味で壊してくれました。
途中ではゲームメイクも彼がこなす場面もありました。

ただ、僕らは彼がいることで気づいていたと思うんです。
誰がどのポジションやってもいい。笑

特に最近のバスケットボールはポジションレスになっていますが、ある意味昨シーズンの
レバンガの形は、誰かがボールを保持し続ける時間は非常に短いものでした。

その中で、レバンガファンがこの名古屋戦に敗戦しても何かポジティブになれたのは、
ガードの選手がボールを持つのではなく、川邉選手などもゲームメイクに参加し、全員が
ゴールに向かってプレーしていたからだと感じました。

だからこそ、今、彼をピックアップするしかない。

僕はそう感じました。
ただ、結果は残念でしたね。
川邉選手にファウルがかさんでしまったこともあると思います。

横浜戦に向けて…どうしようか。
正直悩みました。笑




3/16.17 横浜戦







横浜戦を買い終えたのは深夜の2時ごろでした。
その間に2回秋田とのゲームを見返しました。

その時に考えたのは、みんなどう思ってるのかな~
ってことです。笑

全然レバンガ界隈でお会いしたことない人ばかりで、SNSでは繋がりあるのですが、
そんな向こう側の人たちがどんな気持ちなのかな。
と考えて見ました。

そんなことを考えながら、見返している中で1人の方が目に入ってきたんですね。
それがこの方です。

秋田までブーストに行っていたズボンさん。笑




彼を中心として秋田まで駆けつけたレバンガブースターの声が最後まで途切れることはありませんでした。
それを感じた時、応援する僕らには今、何ができるのだろうか。

それはこの苦しい敗戦を目の前に感じても声を出し続けたみなさんの姿に全て詰まっている。

そう感じたんです。

正直、辛いですよ。
僕はそんなに声を上げるタイプでもないので、あれかもしれませんが、
声を出してて、いろんな気持ちになっている人がたくさんいると思います。

でも、できることもまた応援しかない。

そしてこれを書いている僕は何ができるのか。
それをこの横浜戦に向けて…に書かせてもらったつもりです。

バスケットボールというゲームがどんなスポーツか。
だからこそ、僕らも切り替えの速さが大事だということ。

よかったら、ぜひ読んで見てください。
https://basketballking.jp/news/japan/20190315/144079.html?cx_tag=topix

正直、この連載を始めて、レバンガは1試合も勝っていません。
個人的に自分が書いているせいなのかな。とかも感じています。

でも、これもスポーツです。
そして、何より、バスケを通じて、北海道の素晴らしさをもっと発信できると思っています。

でも、勝てないとどうしても内向的に、内向的になってしまう。

それでも多くの方が発信してくれていますが、
きたえーるは本当に素晴らしいアリーナです。
日頃関東のゲームばかり回る僕も、日本一のアリーナだと僕も思います。

がんばれレバンガ

いつも書きますが、その言葉が、コートで戦う選手以上に、
僕は自分自身の心に響く言葉だと思っています。

レバンガも頑張っているから頑張ろう。
レバンガに勇気もらえたから頑張ろう。

そうやって、この場所からまた頑張れる何かが生まれる場所だと思っています。




結論、伝えたいのは「勇気」なのかもしれません。

あと15試合でしょうか。

ありがたいことに最後まで連載させてもらいます。
僕自身はプレーする選手ではないので、伝えられることは微々たるものですが、
バスケ北海道さんの「87Labのがんばれレバンガ」を通じて、1人でも多くのみなさんに、

バスケットボールを通じて

いろんな想いを伝えて行ったり、何かのきっかけを作っていけたらと思います。

ぜひ、今後もお読みいただけると嬉しいです。

合わせて、ぜひ、バスケ北海道のアカウントのフォローもよろしくお願いいたします。
(結構対戦チームの情報も書いてるので、対戦チームのブースターからも連絡いただきます。
ぜひ、対戦相手でもフォローしてもらっていいんじゃないでしょうか。笑)

そして、明日から横浜戦
きたえーるには伺えませんが、想いはこの文章に託しました。

ぜひ、87Labのがんばれレバンガ 横浜戦に向けて…を読んでいただけたら嬉しいです。
https://basketballking.jp/news/japan/20190315/144079.html?cx_tag=topix







以下
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール
ここまでの連載
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第1節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第2節 vs渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール OF編 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第3節千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第4節栃木 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第5節千葉戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第6節 vs栃木No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第7節 vs三遠
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第8節 vs渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第9節 vs新潟
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第10節 vs川崎
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第11節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第11節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 天皇杯編
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール ネトHC解任
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第12節 vs 富山戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 個と組織
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第13節 vs 千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第14節 vs 秋田戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第15節 vs 福岡
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第16節 vs千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第17節 vs東京戦に向けて
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第17節 東京戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第18節 vs 三河 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第18節 vs 三河 No.2
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第19節 vs 渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第20節 vs 秋田戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第21節 vs 京都戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第22節 vs 東京
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第23節 vs 滋賀No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第23節 vs 滋賀 No.2
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第24節 vs 新潟
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第24節 vs 新潟 No.2
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第25節 vs 琉球戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第26節 vs 名古屋戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第27節 vs 秋田

番外編
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 番外編 Catch and Shoot




——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン 今節の気になるプレーなどのライン限定動画など配信中

現在200人以上が登録中!!

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
もうすぐチャンネル登録100名突破!!!
ぜひ下記からお気軽にチャンネル登録を!!

https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA