. . .

レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第1節 vs大阪





目次


  • 新ヘッドコーチから学ぶディフェンス
  • 新加入ドブラスから学ぶバスケットIQ
  • 新しいレバンガ北海道には助走が必要

こんにちは、宮本です。
やっとこ87ラボとして地元北海道ネタを書くことになりました。笑

今シーズンは各試合のゲームレポートをサクッと書いていきながら、やはりレバンガだけは熱くピックアップしつつ、応援していきたいと考えています。

その中でレバンガからバスケットボールを学ぶということで、新連載を始めていきたいと思います。

特に今シーズン惜しまれながら、水野HCがアルバルクへさらなる成長を求めて移籍されました。
(水野さん大好きです。笑)

後任にこれまた激アツのブラジル人ジョゼ・ネト(以下ネト)HCが就任

新規のメンバーも加わり、昨シーズンとは違うレバンガが見て取れます。
個人的に感じるのは、外国人は日本人とは全然違うバスケを志向されているということです。

日本人のスタンダードが世界においてスタンダードではないこともあります。
その辺はレバンガの選手だけでなく、ブースターも学んでいける絶好のチャンスなのだと思います。

ちょっとHC目線になってしまうかもしれませんが、ネトHC、そしてレバンガからバスケを学ぶイメージで書いていけたらと思います。

ぜひ、読んでいただけたら、議論もできたら嬉しいです。
お気軽にコメントやSNSのページ、また公式ラインからメッセージ頂けたらと思います。




新ヘッドコーチから考えるディフェンス


まず、北海道はアーリーカップに不参加だったため、まだまだ試運転という印象が否めません。
どれだけ強度高くトレーニングを積んだとしても、観客が入り、違うチームと本気のゲームをしない限り、本当の意味での戦術のすり合わせをしていくことは不可能です。

昨年、ある程度北海道のバスケットボールが構築された部分があり、共通認識があったために、どこか物足りなさ、一体感のなさのような感情になった人は多かったのではないかと思います。

新ヘッドコーチのネトHCですが、経歴から推測するにかなり世界水準のHCだと思います。
では、そういったヘッドコーチがどんなバスケットボールをするのか。

というのは昨年のアルバルク東京が参考になるのではないでしょうか。

昨シーズン開幕戦でアルバルク東京は新潟アルビレックスにホームでオーバータイムの末敗戦しました。
僕は現場で見ておりましたが、多くの意見が飛び交うゲームでした。

なぜなら、アルバルク東京はディフェンスでノーヘルプという戦術をとっていたからです。
試合後にルカHCもガードナー選手以外にやられたことを敗因にあげていました。

あのゲームで印象的だったのは、ディフェンスをするアルバルク東京の日本人選手が半信半疑なディフェンスの仕方をしていたことです。

日本において、ディフェンスとはみんなで協力し、抜かれたらヘルプ、そしてローテーション
そのために、ボールマンディフェンス、ディナイディフェンス、ヘルプディフェンス

用語がわからない方は以下を参照してください。
バスケ豆知識No.5 ディナイ
バスケ豆知識No.10 ディフェンスポジション




というトレーニングをします。日本のディフェンスは抜かれたら助け合う
という概念で成立していると思います。

しかし、代表戦でも印象深いのは、八村選手や渡邉選手はそもそも抜かれない。当たり負けしない。

そして今回のネトHCもそのノーヘルプが大前提になっているように感じます。

ちょっと今度比較して見たいなと思いますが、印象として昨シーズンよりも
ボールプレッシャーが強くなり、
ボールのないディフェンスがマイマン(自分のマークマン)にポジションが近づいたように思います。

スクリーンのディフェンスも身長差関係なくスイッチを多用し、ミスマッチになっても、ボールマンプレーシャーを強めることで、そこにいいパスを供給させない。
スイッチを多用するのは高さ、速さのミスマッチよりもズレができる方が脅威として考えているのだと思います。
(そこに苦戦しているのが多嶋選手に映ります)

結果的に初戦に何が起こったかというと
思いきれなくて、半端な判断をして、いや違うだろ?そこはスイッチだろ?

そんなコミュニケーションミスからアウトナンバーが生まれてしまったように感じます。

しかし、これも2戦目では若干改善が見えました。
詳しくは数試合分析したいと思います。

この戦術、そして昨年のアルバルク東京のルカHCから見ても、世界のスタンダードは
助け合う守りではなく、自分の責任を全うすることで、結果周りを助けることになる
ハードディフェンスが必要とされているのだと感じました。

アルバルクもシーズン前半にここに苦戦したイメージで、僕は知恵のないハードワークは悪だという表現をしていましたが、アルバルクもレフリーとの攻防が多く見られ、ファウルに苦しむ時期がありました。

今後注目したいのはネトHCの考えるハードワークのゴール地点がどんなバスケットボールなのかを60試合終わった時に学び取りたい一つのバスケットボールだと感じています。




新加入ドブラスから学ぶバスケットIQ


初戦で彼の活躍でなんとか競ることができたという印象があります。
新加入のドブラス選手です。

彼が非常に日本人ビッグマンが参考にするべき選手なのではないかと感じています。

それは空間の演出の仕方です。
ボールの置き所などもディフェンスから遠くにおきながら、常にパスに切り替えられる運び方をします。

さすがバスケットボール大国スペインの選手という印象です。

あのフィジカルのでスピードは優れているとは言えませんが、器用さは今シーズンの外国籍選手でもトップクラスではないでしょうか。

何よりパスがうまい。
ゴールに背を向けて、コンタクトしながら、カバーダウンやヘルプにくるディフェンスをよく観察し、トリッキーなパスを演出します。
また、コンタクトしながら、相手の脇の下あたりから抜けてくピボットスキルも素晴らしい。

スペインであればもっとスピードが求められると思いますし、年齢的にもスタミナ、スピード面で万全ではないかもしれませんが、それを補ううまさがあります。





初戦は彼の間合いに完全に外の選手がタイミングを合わせることができていませんでした。

なぜなら、日本にあんなにパスがうまいインサイドはいないからです。
また、トラソリーニ選手も初戦は彼の間合いにサポートに入るように(特に前半)動くことが多く、インサイドのスペースを潰してしまっていましたが、2試合目はストレッチされたポジションを取るようになり、スムーズにボールが展開されることが増えました。

結果、アウトサイドシュートの確率もよくなったと思います。

それは彼の器用さをよく理解したのではないかと思います。
ボールを失わず、パスがうまい。彼を起点にバスケットボールができれば、折茂選手などもまだまだ活躍できると思いますし、野口選手のスリーポイントなども効果的に活かしていけると思います。

ただ、やはり苦戦しているのが多嶋選手の印象で、今までディレイオフェンス(ゆったりとしたオフェンス)でセットオフェンスを駆使していたものが減った印象があります。

その中で、彼がどう生きるかというの今後レバンガの課題だと思いますが、彼のシュート力やドライブはむしろもっとポジティブ生きるのではないかと感じています。

そういう意味では現在キレッキレの松島選手をPGにして、彼をシューターとして、日本人スコアラー的な使い方は面白いのではないかなと個人的には感じています。

まだ、2試合なので、ネガティブな部分も見えてくると思いますが、現状ドブラス選手を起点にストレッチ4のようなイメージで、周りの連動ができれば、セットオフェンス以上の面白さ、チームケミストリーが見えてくるのではないかと感じています。




新しいレバンガ北海道には助走が必要


ただ、やはり、時間とゲームが足りなかったと思います。
震災の影響で、選手にもチームにももちろんブースターにも不安な部分が少なからずある時間を過ごしたはずです。

アーリーカップで試せなかったことをこれから試して行きながら、選手同士や選手とHCの意見交換も必要になってくると思います。

まだ、コートにいる選手にHCのイメージするものが確信めいた感じにはなっていませんし、2試合ではネトHCの考えも見え隠れするところがあります。

ただ、確実にいい時間帯もありつつ、1試合目よりも2試合目のようが良かった印象を受けますし、今回は端折りますが、2試合目で明らかに変更された部分がありました。

それはHCがごめん、変えようといったのか、選手の方からこれはこうしたいと提案があったのかわかりませんが、いい循環として回っているのではないかなと思います。

今シーズンのテーマ

超えろを超えろ

僕自身水野宏太HCが大好きです。笑

彼が作ったレバンガ北海道も大好きでした。
しかし、それさえも超えていくレバンガ北海道を見て見たいなと思います。

そして今年こそCSに

地元レバンガ北海道のバスケットボールにこれからも注目して行きたいと思います!!



公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン ライン限定動画など配信中

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!
(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA