. . .

レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第15節 vs 福岡





目次


  • 流れを掴むのは選手である
  • DFで考えたいリング近辺の攻防
  • ミュレンズ選手とレバンガ
  • 年末をどう乗り切るか

こんにちは、宮本です。
レバンガ北海道にとってちょっと痛い福岡戦の1勝1敗でした。
(福岡にしても連勝したいゲームだったに違いない。)

バスケットボールは難しいなーと感じたゲームでもあります。
このタイミングで新加入のミュレンズ選手が加入し、しかも福岡戦のゲーム2で起用されるとは正直思いませんでした。

イマイチ並みに乗り切れないレバンガ北海道の今節を振り返りながら、バスケットボールについて考えて見たいなと感じます。

よかったら、最後までお付き合いください。




流れを掴むのは選手である


僕もコーチをやりながら、常々感じる部分です。

流れを掴むのは選手である。

もちろんそこにはコーチの準備やスカウティング、トレーニング、采配などがあります。
しかし、それをプレーするのは選手だということです。

今、1番レバンガに足りないものは勝つための嗅覚のように感じます。

ネトさんから内海さんになり、以前のレバンガっぽくなりましたが、それはあくまでも「ぽくなった」だけであり、進化したわけではありません。

ここ!!という場面のチームでの推進力のようなものはまだ感じられないのは、チーム状態なのだと思います。

ただ、その中で秋田のゲーム2と福岡のゲーム1で連勝できたことはよかったと思いますが、もっと早く勝ちきれるゲームだったし、秋田のゲーム1も勝てるゲームだった。

そういう部分はここから、2週間ホームゲーム開催の中で、きっかけを作って行きたい部分だと思います。

個人的な印象としては、ゆるい

責任の範囲がものすごい個人に向けられていたネトさんのバスケから、内海さんに変わった中で、今回の福岡戦は誰の責任なのか?というようなシーンが多く見られました。

ごめん。自分だ。

そんなシーンが今のレバンガには少ない気がします。
もちろんお互い悪い部分もあったりするので、難しい部分ですが、ネトさんの責任の所在の明確さは日本人には少し重たく、そこから解放された今は、若干その責任が曖昧になりすぎているのかなと感じました。

そこはコーチが徹底することも大切ですが、コート間でのコミュニケーションだと僕は思います。
特に福岡戦のゲーム2などはもっとコミュニケーションがあってよかったのではないかなと思います。




DFで考えたいリング近辺の攻防


新加入のミュレンズ選手には多くの方が期待を寄せていたと思います。
僕もその1人で、問題は

実際に戦った時にどんな選手なのか。
コンディションはどうなのか。

その辺りだと思います。
正直、内海さんがこんなに早く新加入選手を使ってくるとは思いませんでしたが、確かに今使っておきたいという部分もあったと思います。
(次は千葉と東京との3試合)

ミュレンズ選手のインパクトはすごかったですね。
正直、序盤を見てこのまま圧勝で走れるんじゃないか…なんて感じたブースターさんも多かったんではないでしょうか。

彼のオフェンス能力に疑いの余地はなさそうです。
が、何点か気になりました。

オフボールでのうまさはどうなのか。
ディフェンスに少し難がありそうだ。

とぼくは感じました。
ここはコンディション、チーム戦術との兼ね合いがあるので、まだ一概に評価ができるわけではありません。

今後、もっとよくなっていって、その印象がなくなっていく可能性の方があると思います。

しかし、今日に関しては、ゴール下近辺のディフェンスという部分でちょっとマイナス面を感じました。




レバンガは実はゴール下の番人がすごく重要なチームです。
おそらくディフェンスもかなり約束事が多くあり、こっちだけは抜かせない。
こういう場面でリスクを回避するために、インサイドの選手は少しポジションをこっち側に…

といったことがたくさんあると思います。

レバンガが盛り上がるのは、その中で、アウトサイドの選手がハードワークして、ギリギリのスティールなどが起こり、そこから速攻などに繋がるからです。

もし、それがずば抜けた個人の能力によって起こっているプレーなら(アルバルクの馬場選手のような)代表に数人入っているはずです。

要するにかなりゴール下の番人の力、それはプレーだけでなく、ビジョン、声、リムプロテクト(リングを守る力)が問われるチームです。
そこに信頼があるからG陣が走れる。

昨年をある意味完成形と捉えるのであれば、ダニエルミラー選手の存在は数字以上のものでした。

しかし、そこが、トラソリーニ選手とミュレンズ選手だとちょっとゆるい

おそらく、ミュレンズ選手もまだ自分の感覚で動いているので、

あ、そこにいてほしい。と思ったときにはいなかったり、目線が切れている時が多々ありました。
また、彼から発信してほしいことが多くあるはずです。
それを献身的にこなしているのがドブラス選手のだと今日改めて僕も感じました。

ミュレンズ選手ちょっとシャイボーイっぽいんですかね?笑
どうでもいいですが笑

ボールがないときの外国籍選手こそ、レバンガにとってすごく重要であるからこそ、これからもっとミュレンズ選手とコミュニケーションをとっていかなくてはいけないのだと感じました。




ミュレンズ選手とレバンガ


若干、前述と重なりますが、

ミュレンズ選手がNBAでプレーし続けられなかった部分に、そういうDFの部分の問題があるのかもしれないなと感じましたが、どちらかというと外目でプレーがしたい選手なのかもしれません。
正直、ピックプレーのディフェンスもあまり上手くはない印象でした。

もちろんそれは1度しかプレーを見ていない中での勝手な予想で、今回、おそらく使える戦術も少なく、DFもゾーンを使えない中での起用は、僕の中では、内海さん思い切ったな。と本当に感じたのですが、その辺は今後フィットしていくと思います。

ただ、そうなるとショーン選手の復帰と野口選手の重要性が増してくるかもしれません。

ある程度、DFとリバウンドで働ける選手。
彼とミュレンズ選手は相性がいいかもしれません。

また、トラソリーニ選手と似た系統
(この窮地でゴリゴリのインサイドを連れてこないところがレバンガの良さなのか…悪さなのか…)
の選手ですので、トラソリーニ選手と共存をするためにはショーン選手がキーになると思います。

また、彼にボールを持たせるのは明らかに脅威です。福岡戦も要所で彼にディフェンスが気を取られ、野口選手があくシーンがありました。

ミュレンズ選手の能力に疑いはないので、キーポイントはレバンガの戦術の浸透とショーン選手の復帰かなと思います。




年末をどう乗り切るか


問題はこの後、年末の3試合のホームゲームをどう過ごすかです。

僕は正直、秋田、福岡の4戦で勝ち越せば、ある程度目をつぶってもいいゲームだと思っていました。

しかし、この3試合も全敗は避けなくてはいけない状態になりました。

可能性があるとすれば、東京戦でしょうか。
東京がまだ苦手とするゾーンディフェンスでロースコアゲームに持ち込めば、可能性は見えてきます。

東京戦は休みの方も多く、相手も代表クラスが揃うということで、指定席はほぼ完売です。
正直、勝てる!!!

と言える現状ではありません。

ただ、いい準備をすれば、可能性はあると思いますし、1番最初にも書きましたが、流れを掴むのは選手です。

なんとかいい流れで今年を終えてほしいなと思いますし、こう言い方は空気が読めていないかもしれませんが、きたえーるは勝敗以上に本当に素晴らしい空間だと思います。

がんばれレバンガ!!ということで、

僕も27日以降の3試合は全てきたえーるで観戦予定です。




以下ここまでの連載
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第1節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第2節 vs渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール OF編 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第3節千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第4節栃木 No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第5節千葉戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第6節 vs栃木No.1
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第7節 vs三遠
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第8節 vs渋谷
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第9節 vs新潟
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第10節 vs川崎
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第11節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第11節 vs大阪
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 天皇杯編
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール ネトHC解任
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第12節 vs 富山戦
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 個と組織
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第13節 vs 千葉
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第14節 vs 秋田戦



——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン 今節の気になるプレーなどのライン限定動画など配信中

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!
(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA