. . .

ホームタウンに行ってみた No.4 滋賀レイクスターズ





目次


  • 滋賀レイクスターズとは
  • 近江を制すものは天下を制す
  • ホームタウンに行ってみた
  • ウカルちゃんアリーナに行って思ったこと

こんにちは、宮本です。
10/29、30に開催された滋賀レイクスターズのホームゲームを観戦していきました。
今シーズン初めて関東を飛び出ての観戦

個人的に、関東圏のゲームしか回れない中で、地方のホームゲームに足を運んで、感じたことは非常に勉強になることが多かったです。自分自身も行ってよかったと感じる滋賀ゲームでした。

今回は僕が感じた滋賀県、バスケ、滋賀レイクスターズを少し書かせてもらいたいと思います・

もちろん全てを知っているわけではありません。
いろんなホームに足を運び、いろんな方にお話をお伺いすることによって、それぞれの悩みや遠くから見ているだけでは見えてこないものも見えてきます。

それでも、様々な地域のバスケットボールを知っていくことによって、その地域の努力や課題、良さが見えてきたように感じています。

ぜひ、最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

過去の連載
ホームタウンに行ってみた!No.1 アースフレンズ東京Z
ホームタウンに行ってみた!No.2川崎ブレイブサンダース
ホームタウンに行ってみた No.3 アルバルク東京




滋賀レイクスターズとは


改めて僕が書くことでもありませんが、簡単に滋賀レイクスターズについて少し

滋賀レイクスターズはbjリーグ時代の2008年に生まれた滋賀圏内初のプロクラブです。
ホームアリーナはウカルちゃんアリーナと呼ばれる大津市にある県立体育館です。

僕の中では

滋賀といえば琵琶湖

と言うイメージです。
(実際、初琵琶湖はすごい感動しました。)

その中でレイクスターズというチーム名やチームカラーのレイクスブルーは個人的にすごくイメージしやすいなと感じています。
また、レイクスブルーに合わせて、スターズイエローも使用されています。
スターズイエローは滋賀の夜空にきらめく星のようにチームや選手、ブースターが星となり、そこに関わる全ての県民とともに輝いていくという願いが込められているそうです。

滋賀にとってレイスクスターズがどんな存在なのか、そしてこれからどんな存在になっていくのか。
県内初のプロクラブとしてすごく期待したい存在だと思います。

個人的にはマスコットのマグニーが大好きです!笑





近江を制すものは天下を制す


滋賀県は1/6を琵琶湖が占めているそうです。(観光案内のお兄さんが教えてくれました。笑)
それに合わせて実は多くを山に囲まれているのが滋賀県だそうです。

歴史的には

近江を制すものは天下を制す

というくらい、多くの戦の舞台としてこの地域が出てきますが、
周りを山々に囲まれていて、京に近く、中央部には湖と盆地がある。

歴史を考えていけば当たり前なのですが、なぜこの地域が非常に重要視されたのかは、場所と地形を考えれば至極当たり前なことなのだと再確認します。

個人的にも滋賀と言われてパッと出てくるのが、琵琶湖と比叡山延暦寺や多くの戦や戦国武将

あとは、今年行われたサッカーW杯で大活躍した乾貴士選手の出身校である野洲高校やアジアの壁と言われた現アビスパ福岡監督の井原正巳さんの出身校である守山高校など、高校サッカーのイメージが個人的には強いのが滋賀県です。

最近、メディアを賑わすようになってきたスペインのレアル・マドリードの育成年代に所属する中井卓大選手も滋賀県出身です。

これらは余談ですが、滋賀は歴史上外せない場所です。

Bリーグのチームを調べつつ、各地の歴史を追っていくなんてことも小中学生の学びとして、面白いかもしれません。

また、今回はウカルちゃんアリーナがある大津近郊とちょっと足を伸ばして、湖西線沿線を少しぶらぶらしました。

湖を中心に湖西、湖東、湖北、湖南と地域区分されているらしく、その地域ごとに地域性があることも滋賀県の特徴のようです。

そういう意味では、ホームアリーナがある大津市は湖南地域や、文化、歴史的には若干湖西地域に当たるそうなので、他の地域ではレイクスはどんな立ち位置、存在になるのかは非常に興味深い部分として感じました。

また、ものすごく観光的目線ですが、琵琶湖はめちゃめちゃ大きく、見る場所によって景色が変わり、山々とのコントラストなど、すごい感動的でした!笑




ホームタウンに行ってみた


滋賀レイクスターズのホームタウンは大津市ですが、その前に足を運んだお店があります。

やはりそれぞれのチームに選手が通う
とか
聖地のような場所があります。

初回に取り上げたアースフレンズ東京Zのオフィシャルショップがならぶトップボーイ蒲田店さんやパン屋のミモレットさん
ホームタウンに行ってみた!No.1 アースフレンズ東京Z

2回目に取り上げた川崎の武蔵小杉では今年からナチュラマーケットさんが店内に川崎ブレイブサンダースの装飾をし、全試合パブリックビューイングを行っています。
ホームタウンに行ってみた!No.2川崎ブレイブサンダース

また、僕の地元北海道ではレバンガ北海道の選手が通うジンギスカンの山田モンゴルさんや折茂選手プロディースのスポーツバーnineなどがあります。

滋賀レイクスターズにとってのその1つがここ!!

選手がよく訪れるという

和菓子屋さんの豊月さんです。


https://tabelog.com/shiga/A2501/A250101/25007225/
ここは、湖西線の唐崎という駅から徒歩 15分くらいでしょうか。
歩いてきましたが、この街の掲示板には毎度のように滋賀レイクスターズのポスターが貼ってありました。

ポスターの掲載
今回は同郷、北海道のスター高橋耕陽選手!!

(撮り忘れました!笑)

そして店内にも滋賀レイクスターズの選手などのサインがびっしりと

何より、和菓子が本当にうまい!!
店主さんもバスケが大好きな方で、熱くレイクスターズを応援されているそうです。

その熱さも魅力ですが、その和菓子が非常に上品な甘さで、何個でもいけてしまいそうな美味しさです!!

お昼過ぎに伺ったのですが、残念ながら、みたらし団子は売り切れ

また次回、みたらし団子と店主さんとのバスケ話を楽しみに伺いたいと思います。

ここは試合前に立ち寄りたいマストのお店です!!




そこから大津市の膳所駅に向かい、駅から徒歩でホームアリーナのウカルちゃんアリーナへ。
(膳所駅…読めませんでした。笑)

大通りまでの7,8分の道のりは、フラッグが多く並び、その商店街はチームを応援している心強い存在なのかなと感じました。
アスフレ、川崎、アルバルクと見てきましたが、アスフレや川崎と同じく駅前にフラッグがあるのは会場までにバスケを感じられ、すごく好感を持てました。
特に今までの地域の中で、1番ポスターを貼っているお店が多かったように感じました。

たまたまですが、大津市長もゲームにいらっしゃっていたので、自治体との関係もこれからより強くなっていけば、もっとバスケを街になっていける可能性を秘めていると思います。

会場までの道のりには道民のソウルフード!!笑
びっくりドンキーを発見!!!
耕陽!よかったね!笑

琵琶湖沿いはすごく綺麗な通りで、ウカルちゃんアリーナを発見

今までの平日開催の中で、飲食やグッズの充実ぶりは僕が行ったことのある会場の中で1番でした。
開場まで、グッズ売り場などにいましたが、そちらの方もすごくいい人でした。
ありがとうございます!

試合が始まり、一つ印象的だったのが、外国人の団体がいらっしゃいました。
Bリーグ会場には結構外国人の方もいらっしゃいますが、団体の方は初めて見ました。
僕の知り合いのアメリカ人の方も1度Bリーグを見てみたいという方がいて、計画中です。

やはりアメリカ人などは観戦する文化も持っているので、スポーツやバスケ自体に興味がある方が多いのかなと感じます。

そういう層へのアプローチも面白いのではないかなと感じました。




平日開催で月曜が1500人ほど、火曜が1600人ほど
これが滋賀レイクスターズにとってどんな数字なのかはわかりませんが、会場を見渡して行く中で感じたのは、すごくみんなバスケが好きな人が集まっているなと感じました。

その中身、言葉遣いの良い悪いは別として笑

すごく、バスケ論を語っている方が多い印象を受けました。
それは平日夜開催というのもあると思います。

また、常にコート周りを行き来し、様々な場所で、応援をリードする熱いブースターの方々の存在は非常に印象深かったです。

正直、滋賀は多くの選手の入れ替えがあった今シーズン
良いスタートを切れたとは言えません。

それでも、こうやってチームを後押しする存在は10年というチームの歴史、そしてこれからのチームの歴史にとってすごく大切な存在だと思います。

現状勝ててない中で、思うことがあり、あーだこーだ言いながらも、みんなこのチームが大好きなんだと感じました。
(後ろのお兄さんはすごい文句の言いようでしたが笑 チームが終盤、猛追を見せると態度がころっと変わり必死に応援されていました。)

最近、バスケ界の不祥事や各チームで不満的なものが増えてきたように感じています。
滋賀もメンバーが大幅に変わり、期待や不安がある中で、結果もまだまだついてこない中で、いろんな気持ちや言葉が飛んでいるんだと思います。

ただ、それでも、やはり、バスケを好きな人が会場に多くいることを実感するウカルちゃんアリーナでした。





ウカルちゃんアリーナに行って思ったこと


繰り返しになりますが、Bリーグ3年目にして、ブースター間での問題が色々起こり始めてきたように思います。

もちろん誰かを傷つけたり、チームの価値を下げるような行動は許されるものではないと思います。

先日、地元レバンガ北海道でも、敗戦後のコートにペットボトルを投げたブースターがいたということがあり、1人のバスケ人、道産子として恥ずかしい想いでいっぱいです。

ただ、これも避けては通れないものであるとも思います。

また、それに合わせて、日本人というのは多くの意見を受け入れるということが非常に苦手な人種なのだと思います。

だからこそ、日本バスケットボール協会も金や権力の中で、国際試合停止の処分まで行ったのだと思います。

そこで立ち上がったのがBリーグです。
ただ、強い弱いが明確になり始め、会場を囲むブースターが多い少ないも明確になってきました。

それは様々な要因が挙げられると思いますが、その中で、またバスケが汚れて行くのは個人的にすごく悲しく、あってはならないことだと思います。
リーグがたちあがり、まだ3年目
不安定なものが多くあると思いますが、それ以上のスピードでバスケが発展したことは事実だと思います。だからこそ、今の結果が全てのような方向になってはいけないのかなと…(難しいですが)





僕がこのサイトを立ち上げた理由として、ブースターもスポーツやバスケを知り、それらとの関わり方を考えて行き、チームにとってプラスの力になって行くことが大切だと思っているからです。

いろんなところでいろんな力が必要ですし、それらの協力が何より大切だと思います。
そして、個人的には、自分がという視点ではなく、リーグ、クラブ、ブースターそれぞれが、日本のバスケがという視点を忘れずに持ち続けることが大切なのではないでしょうか。

滋賀レイクスターズはお世辞にも強豪クラブとは言えません。

それでも、B1の地方クラブとして、縁の下の力持ちのように会場を走り回るブースターの方々やクラブを応援する方々が集まったウカルちゃんアリーナはある意味、日本バスケの原点のようなものを感じました。

それぞれのクラブにそれぞれの良さ悪さ、勢い、課題があると思います。

今、勝ってほしい。

よくない言い方をすれば、勝てないのかよ。

そんな想いを持つのは自然なことですが、今、Bリーグ3年目に関わる僕らは、心のどこかで未来のバスケのための何かを植え付けて行く応援が必要なのではないでしょうか。

以前、個人的にツイートした言葉が非常に反響を得ました。
実はこれはあるチームのブースターの方が話してくれた内容でもあります。


よかったらフォローお願いします。

いろんな想いが交差しながらも、応援し続けてくれたブースターの存在があり、チームがそれぞれの地元に存在し続け、そしてBリーグが誕生しました。

僕らはその誕生の瞬間に立ち会えた存在であり、その歴史をこれからのバスケファンやBリーグで活躍を夢見る選手たちに伝えていく存在でもあると思います。

そんな気持ちを僕らは心の何処かに止めながら、バスケ、Bリーグに関わって行く責任がブースターにもあるのかな。
と滋賀レイクスターズのホームアリーナのウカルちゃんアリーナで感じました。

これからもバスケが、爆発的でなくて良いから、みんなが努力をして、少しづつ発展し、未来の何処かでBリーグがあってよかったと思える日本バスケ界になってくれたらと思います。

そして、もしかしたら、今年の優勝クラブはそんな信じる強さを持ったブースターが支えるクラブになのかもしれないな

なんて思っています。




——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン 今節の気になるプレーなどのライン限定動画など配信中

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!
(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA