目次


  • スクリーンのユーザースキル
  • リジェクト=拒否する
  • スクリーンを使わせないorスクリーンを回避しようとするDF
  • リジェクトすればいいというものでもない

こんにちは、宮本です。
バスケ豆知識No.8ということで、今回は

リジェクト

について解説して行きたいと思います。
バスケを見るにあたりたくさん横文字ありますが、
知ってると結構通っぽいこともありますので、
最初はそんな軽い気持ちで読んでいって
いろいろ覚えてもらえたら嬉しいです!




スクリーンのユーザースキル


見出しにも書いていますが、リジェクトとは

スクリーンのユーザースキル

になります。
ユーザーとはスクリーンを使う人
ピックアンドロールなどではボールを持っている人ですね。
スキルはそのまま技術とかで。

スクリーンをうまく使うためにはスクリーンを行う2人の
協力と正しい判断、そしてスキルが必要なわけです。

そのユーザー側のスキルの1つとしてこのリジェクトがあります。




リジェクト=拒否する


先ほども書きましたが、リジェクトとは拒否するという意味です。
要するにスクリーン来てくれました。
使おうと思います。
あれでも使わない方がいいことありそう!!
使うの拒否しまーす!!
ということです。

右からスクリーンが来てくれていたら、
それを使わずに左にアタックすることです。

なぜ、拒否するのでしょうか?
それはざっくりいうとそっちの方がいいことがあるからです。
でも、いつでも拒否していいわけではありません。
なぜリジェクトするのか。
そこがとても大切なのです。




スクリーンを使わせないorスクリーンを回避しようとするDF


答えは見出しのこれです!!
なぜ、リジェクトするのか?それはそっちの方がいいことがあるから。
それはどうして?

スクリーンを使わせないorスクリーンを回避しようとするDF

がいるからです。

そのディフェンスがスクリーンを使わないように守るなら、
反対空いてるからそこ攻めちゃおう!
そっちの方が有効だよね!ということです。
実際にリジェクトってどういうことなのか
今回も動画解説を作りましたので、よかったらぜひ見てください!
(動画は2分30秒です)

ぜひ、チャンネル登録お願いします!!




リジェクトすればいいというものでもない


そうやってディフェンスが守ってくれるなら、毎回リジェクトすればいいじゃん!
となるかもしれませんが、それがバスケの面白いところです。

また、育成年代ではスクリーンが成立していない。
(この成立とはディフェンスがリアクションしていない状態)
で、何も考えずにリジェクトしている選手が多くいます。

これでもせっかくのスクリーンもスペースを潰すだけの
無意味、それどころかマイナスの戦術になってしまいます。

ポイントはスクリーンが成立したディフェンスの状況です。
そこがすごく大切な部分です。

ぜひ、自分のバスケの目線で考えて見てください!

せっかくリジェクトの解説をしたので、
近いうちに
プロコーチが教えてれたリジェクトがうまく守られた時の最強のプレー
を公式ライン登録者限定動画で配信したいと思います。
これは必見です!!まじで!!

これから公式ラインだけの情報も更新して行きますので、
ぜひ、ご興味ある方はぜひライン登録をお願いします!

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

Bリーグのブースターさんの
バスケを見る観点や
バスケ部のマネージャーさんの
バスケ知識を得る場所としてもおすすめします!
ぜひ、皆さんで一緒にバスケを考え、学びましょう!

ご興味ある方は問い合わせください!
basketball_lab87@yahoo.co.jp

87Basketball Lab 公式ライン作りました!
ラインにて @jme6416y
で検索か
https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y
から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!
(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA