目次


  • 強いチームは仲良し集団ではない
  • 続けられるか
  • スタイルを貫けるか
  • 明日は逆の展開かも知れない

こんにちは、宮本です。

今日、真っ先に見たゲームがこのゲームでした。
三遠ネオフェニックス vs 滋賀レイクスターズ

個人的に今シーズンから色んな意味で、魅了されているクラブの対決です。

2チームとも下位に沈んでいるチームですが、強いとか弱いではない魅力を感じるクラブです。
そこには好き好きあると思いますが、バスケットのスタイルにおいて、三遠が気になっていますし、クラブとして滋賀が好きです。

もちろんどちらもビッグクラブ(Bリーグ内で考えると)ではありません。

ただ、長い目で見たときにすごく歴史に名前を残していくクラブなのではないかなと。
そのためにも、今のあり方やチャレンジ、そしてバスケットボールのスタイルの継続性などが必要になってくると思います。

今回はこのゲームを見て感じたことを少し書かせてもらいたいと思います。




強いチームは仲良し集団ではない


強いチームってどんなチームですか?

この問いにみなさんはどんな答えを持つでしょうか。
これに関しては答えがあるわけではないですが、僕はどこまでをチームと考えるのか
ということも大切だと思います。

ある意味で、画面越しからも感じる千葉や栃木、琉球の雰囲気は
チームとしての強さだと感じています。

そこで僕は多くのチームのホームタウンを回りたいと考え始めました。
その中で、北海道を除いてはじめて関東をでたのが、滋賀だったわけですが、そこにはポテンシャルの宝庫だったと率直に感じたわけです。

ホームタウンに行って見たの連載はこちら↓↓↓
http://87basketball-lab.com/category/hometown/

僕の中で参考にしているのはスラムダンク
スラムダンク勝利学という本をご存知でしょうか。
これはぜひともバスケ好きには読んでほしい1冊です。

その中にもでてくるのですが、強さと仲の良さは決してイコールではないということ
もちろん仲がいいことに越したことはないと思います。

ただ、それ以上にそれぞれが責任を果たすことがまず大切だと思います。

全体で考えると選手やスタッフのコートで戦うチーム、チームを運営するフロント陣、そしてブースター、もっと言えばホームタウンがそれぞれ責任を果たすことが強さなのだと思います。

決して強いチームは仲良し集団ではないと思います。

今選手として何かに悩んでいる人も、今、自分がチームのできることはなんのか。
そんなことを考えて見てもいいかも知れません。




続けられるか


このゲームで滋賀がすごくいいテンポでバスケットボールを展開していたように感じます。
雰囲気がいい。
ボールが早く回りながら、人の動きもスペースを潰すことがない。
外国籍の選手の1on1に頼ることが減り、それぞれの特徴を生かすような連動がありました。

確実にチームに何かがあったのだと思います。

それは誰かの言葉なのかも知れませんし、それぞれの危機感が合致したのかも知れません。

ただ、1つ僕はブースターの存在があるのではないかなと思います。

批判覚悟で言えば、滋賀は決して満員になるわけでもない。
チームが強いわけでもない。

しかし、それでもブースターが縁の下ので支えていることが感じられる。
そんなことを以前書きました。こちらから↓↓↓
ホームタウンに行ってみた No.4 滋賀レイクスターズ

強いチームになるための変化はどこから起こってもいいと思うし、それがコートの中でないこともあると思います。

理由はわからないけど、コートに立つ選手たちに共通の意思のようなものを感じました。
それは僕は心の距離感と表現しましたが。

それぞれの役割が最大化されていたのではと思います。

問題は後半にやはり点差が詰められると、焦りが出てきたのか。
よかった空気感が曇ってきました。

勝利はしたけど、終わり方が良くなかっただけに明日のゲームをしっかり入れるかは、滋賀にとって今シーズンの1つの勝負所になるかも知れません。




スタイルを貫けるか


一方三遠ですが、このチームの徹底したスタイルについて書きました。
こちらから↓↓↓
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール 第7節 vs三遠

レバンガの連載なのですが、三遠ブースターからすごく好評いただきました。

三遠の注目はなんと行っても、チルドレス選手の復帰でしょう。

その中で、注目したいのが、このゲームの前半は三遠らしさが少し欠けていたかなと感じました。

もちろん最終的にこのゲームでチルドレス選手が30得点して、最後に追い上げたわけですが、それ以上に僕は個人的にスタイルの中にチルドレス選手をしっかり組み込んで欲しいなと感じます。

三遠はG陣に特徴的で魅力ある選手が多いので、チルドレス選手がすごいの事実ですが、集めすぎるとかバランスが崩れないで欲しいなと感じています。

三遠は個人的にまだパワーバスケットが主になっている日本バスケに一矢報いる存在だと思います。
藤田コーチが進める三遠スタイルは続けて欲しいなと思います。

ポイントはG陣の遂行力やコミュニケーション能力な気がしています。
三遠のG陣ならできると僕は感じていますし、前半はいまいちで滋賀のペースにうまくバスケットを構築できていませんでしたが、後半はいいプレーが多かったのは三遠だと思うので、チルドレス選手加入でのいい化学変化を期待したいと思います。




明日は逆の展開かも知れない


すでに何回か書いていますが、前半の滋賀のバスケットボールは本当によかったですし、後半も崩れそうなところをチームで堪えた勝利でした。
ただ、やはり最後の数分はもろさが出てしまいました。

明日に向けては三遠の方がいい入り方ができるかも知れません。

そこが、個人的に僕が感じるいまの日本バスケットボールの課題かなと思っていて、
多くのチームが流れが悪くなったときに、コートの中で流れを呼び戻すためのジャブのような、地味だけと大切な一手を打てる力がない。

ときに今、勝ててないチームは顕著だと思います。

滋賀は今日の後半の終わり方

三遠は今日の前半の入り方

すごい悪いわけではないですが、なんとなく不安を覚える展開でした。

ポイントはコミュニケーションかなと感じていて、どちらのチームがより曖昧にせずに明日のゲームに向けて準備するかだと感じます。

もしかしたら、明日は全く逆の展開になるかも知れません。

もちろんコーチもいろんな戦略をねると思いますが、それ以前に選手の姿勢、準備が明日の勝負の分かれ目になるかも知れません。

ただ、どちらかがこのゲームでチームとしての強さのきっかけをつかむ気がしています。

そんなことを考えながら、明日のゲームも注目して見たいと思います。




——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン 今節の気になるプレーなどのライン限定動画など配信中

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!
(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA