. . .

B think 〜新加入選手から考える滋賀レイクスターズ〜




目次


特別指定選手中村功平選手
狙いを考える
ディフェンスに与える怖さが足りない
今がすべてではないレイクスのチャレンジ


こんにちは、宮本です。

男子は代表ウィークになり、注目は代表のwindow5に集まりました。
そして、週末に行われる天皇杯
その後に大学のインカレが続きます。

そこでここから、Bリーグ界隈を賑やかすのが、特別指定選手の契約ではないかと思います。

先日アスフレも中央大学の久岡幸太郎選手との契約を発表しました。
残念ながらインカレに出場しない中央大学がいち早く契約発表が進んでいますが、今後も順次発表されると思います。

そこで滋賀レイクスターズが契約をしたのが山口県の豊浦高校から中央大学に進み、アンダーカテゴリーの代表候補としても名前があがる中村功平選手
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00118503-bballk-spo
彼の契約からレイクスのチャレンジを勝手に想像して、考えて見たいと思います。笑




特別指定選手中村功平選手


87ラボでは、おそらく他でも紹介されているような、中村選手がどんな選手かとかは特に書きません。
ググったり、YouTubeを探した方が早いかなと思います。笑

ただ、少し紹介を

山口県の豊浦高校時代にU18に選出されています。
豊浦高校で名前があがるのはやはり中川兄弟ではないでしょうか。
考えるバスケットの会の直之さんとアスフレで引退し、いまはIPUでコーチをされている和之さん

そこから中央大学に進学し、活躍されました。

昨年、2部で優勝し、数試合観戦しました。
今年はタイミング合わず観戦できませんでした。また中央大学は残念ながら、春の大会で準優勝しましたが、リーグ戦は降格。
ここ数年中央大学は新しい時代に移行しようという感じで、選手起用なども含めて不安定さは伺えます。

ただ、彼が素晴らしい選手であることには変わりはない。

そんな彼が滋賀レイクスターズと描くキャリアプランはどんなものなのでしょうか。




狙いを考える


あくまで勝手な推測ですので、ご意見あれば、気軽にください。
今年の滋賀レイクスターズは苦境に立たされています。
大きくメンバーを入れ替えましたが、勝てない時間が続いています。

今シーズン4勝15敗

まー、苦しいとしか言えません。笑

現地でも観戦する中で、僕が感じたのは日本人スコアラーになるべき、キャプテン狩野選手の孤立です。

シューターというのは、狩野選手も含め、あたりはずれが大きいことがあります。
しかしその分、インパクトが大きいので過大評価になりことが多い気がしています。

ここが決まれば…あいつが決めてくれる…

滋賀において狩野選手はキャプテンとしてもシューターとしてもそういう存在だと僕は感じていますし、彼のコメントからもそのような気持ちはうかがえると思います。

30点以上爆発しているゲームもあれば、かなり確率が低いときもある。
実際勝利した試合は彼がすべて2桁以上の得点を決めています。

しかし、先日の渋谷戦のように得点どころか、打っても入らないという試合も現にあります。
僕は彼が悪いと言いたいわけではなく、これは事実であり、実際その葛藤と戦うのがシューターであり、そういうもの期待に答えて行くのがトップシューターなのだと思います。
それでも入らないとき(ゲーム展開や作り方も影響する)はあります。

それと1番葛藤しているのが狩野選手自身だと僕は思います。

その中で、今回の中村選手の獲得で1番恩恵を受けるのは狩野選手ではないかなと思います。




ディフェンスに与える怖さが足りない


考えたいのは、滋賀と戦うときにどう守ればいいのか…
ということです。

正直、PGに得点力がない
というのはみなさん思っていることではないでしょうか。
西選手はこれから期待したい選手として、一旦置いといて。
伊藤選手と二宮選手はどちらかと言えば、ゲームメイクタイプ、アシスト系のガードになります。

そして、ここが問題かなと感じるのが、SGのバリエーションがないことです。
人数としては狩野選手、ニズベット選手、高橋選手、場合によっては鹿野選手も可能ではあります。

しかし、この選手たちは一芸タイプの選手ばかりなのが、滋賀の最大の課題でなのではないかと感じています。

やはり狩野選手と鹿野選手はボールをうまく渡してショットを打たせたいです。
ニズベット選手と高橋選手はドライブをしてほしい。

この中でPGに寄り添ってゲームメイクに加担できる選手が少ない。

今シーズンのBリーグは基本的にディフェンスが強化されました。
滋賀にしてもそれを目指しています。

しかし、代表クラスのPGがぶつかったときに、そのプレッシャーをうまく弾くことができないのですが、そこにうまくフォローすることもできてないのが現状です。



結果、そこで、またはそのバランスで狩野選手が…高橋選手が持っても…
という展開や外国籍の2人をリングから離れた所に引っ張られてしまう。

そうするとディフェンスに与える怖さが明らかに足りない。

結論フォローしてしまうと本来の良さが消えてしまう選手が多い気がします。
ディフェンスとしてはPGにプレッシャーをかけて、狩野選手を離さずに、外国籍選手にもたせたいところよりも遠くでボールを持たせればいいという話になってしまいます。
(そんな簡単ではないが)

そこで、最近は2ガードなどを試みていますが、そうすると狩野選手の出番が純粋に減ることになります。
結果、彼がやるべき仕事すらできない。

これは正直、滋賀全体の怖さの激減になるかなと僕は感じています。

中村選手のような身体能力にもたけた得点力のあるガードが入ることによって、伊藤選手や二宮選手との組み合わせてドライブandショットを狙って行くこともできれば、彼をPG(最初はここでの起用は少ないかもしれない。)に置くことで、彼自身にドライブの力と得点力があり、アシスト王の経験もあるので、狩野選手をSGとしてコートに残しておくことも可能ですし、そうするとそこに高橋選手という組み合わせも可能になってきます。

もちろん彼がすぐにスターティングガードになるとは思いません。
実力は伊藤選手や二宮選手の方が上でしょう。
しかし、彼のようなタイプが入ることによって生かしきれなかった個性の噛み合わせは確実によくなると考えることが自然だと思います。

その選手の選択の余裕は、確実に狩野選手のメンタル的な部分にも影響があると思います。
彼が彼自身の仕事を仕切れれば、自ずと彼のポイントは安定してくるのではないでしょうか。




今がすべてではないレイクスのチャレンジ


そして、何より、中村選手は契約情報によると2年契約です。
実はここが滋賀レイクスターズのさりげない本当のチャレンジなのではないかなと感じています。

複数年契約をするということは、今後レイクスの中軸を担った行く期待を込めた契約なのではないかと感じます。

また、今年加入してきた選手も数名2年契約

中にはショーンデニスHCのラブコールもあり、加入した選手もいると聞きます。
今年、ベテラン選手と多く契約をしつつ、若手選手を多く連れてきたのは、ある程度の長期ビジョンもあるのではないかと期待しています。

Bリーグが誕生し、3シーズン目

正直、弱肉強食の構図が大きくなってきました。
その中で、クラブの目指すもの、立ち位置、戦い方というものを結果以外でも考えていかなくてはいけないと思います。




そういう意味では夏に残念なことが1つありましたが、そこに目をつぶらず、受け止めて彼もカムバックしてくるはずです。
そして、エースになるべき男の高橋選手、今後期待したいニズベット選手
その中で、そこに並べる司令塔を育てたいのかなという印象を僕は受けています。

そのような育てたい選手、また本当に数年後強くなるためにそのベースを作るべくこのチームにきたのが今年のベテラン3選手なのかもしれません。
強くなるというのは何もコートの中だけではない。

やはり安定したクラブ運営をするためには、正直レイクスは観客動員が乏しい。
そう考えた時、行ってみたい魅力、応援したいってなんのか。
バスケが強いことなのか…僕はそうではないと思います。

おそらく今、規模的にもチームの実力的にもブースターが参加しながら、チームを一緒に作っていけるちょうどいいクラブなのかもしれません。
(言い方が失礼だったらすいません。ただ、そういう所に僕が魅力を感じていることも事実)

もちろん今後移籍はあると思いますが、bjから繋いできて、Bリーグになり、滋賀レイクスターズが滋賀レイクスターズであり続けるためのチャレンジが今だと感じます。

もし、降格したとしても、おそらくこのチームは選手が大幅に変わることはない気がしています。
なぜなら、ベテランと若手が主体だから。
逆に言えば、あり得るのは、あのビッグクラブに移籍して活躍しれる選手は滋賀が育てたんだ!!という誇りとこのクラブで戦い続けるベテランの誕生

この3年目のチャレンジというのは実はものすごく重要な気がしています。
簡単に比較はできませんが、Jリーグで3年目の優勝を逃し、そこから下降するクラブ運営が始まったクラブがヴェルディ川崎です。

あれはバブル崩壊などの煽りも受けましたが、確実にクラブ運営と選手育成の両輪がなく、スター選手に頼り切った経営でやりくりしていたからだと思います。

言ってしまえば、スター選手と強さが魅力だった。
僕自身も憧れました。みんなカズが好きでした。笑




今、結果以上に重要なことはアイデンティティの確立かもしれません。
そして、全国的には有名ではなくても、子供達が憧れる選手を生み出すこと。
チームがそこで長くやっていくために、ブースターの声に耳を傾け、やるべき役割を果たし、本当の意味で地元に根付く、愛されるクラブをみんなで作ることなのかもしれません。

そして、ブースターが参加して、いろんな活動をしていたあの頃、若く頼りなかったけど、自分の子供のように可愛かったあの選手が数年後、リーグを代表する選手になる。
そういうストーリー性の準備が滋賀には整ったように感じます。(勝手な解釈)

彼もその1人かもしれません。
13を背負うことも、大学で13番を背負っていましたが、滋賀にとっては意味ある継承なのではないかと感じています。

やはり、滋賀の今後は気になります。
ある意味、地方からバスケの発展、強化を発信できるクラブ
Jリーグの鹿島になれるクラブはどこか。
これは勝手な僕の願望です。笑
ここからも滋賀のバスケ、そして集客増加に向けたチャレンジは追いかけて行きたいと思います。




B think 過去の連載
B think ~上位と下位に感じる差を考える~
B think 〜コーチングを考える〜
B think 〜クラブの魅力、バンディエラについて考える〜
B think 〜強いチームはなぜ強いのか〜
B think 〜ラグビーW杯から考えるファンの取り組み〜
B think 〜どう学ぶのか、どこから学ぶのか〜
B think バスケットボールから学べるものは何か。
B think インサイドをどう守るのか
B think ディフェンス戦術の進化とガードのスキル
B think 個人スキル編 1 vs 1
6/3 B think レポート スクリーンを使ってみよう!







——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン 今節の気になるプレーなどのライン限定動画など配信中

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!
(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA