目次


  • 前回の振り返り
  • シュート期待値は…
  • 印象と数字から

こんにちは、宮本です。

前回、Four Factorsを使いました。
結構反響を頂き、色んな意見やDMなんかも頂きました。
これからも色んなデータを照らし合わせて、色んな試合を見ていきたいと思います。

今年のテーマは「印象と数字」です。

わからないこともあると思いますが、(僕もまだまだたくさんあります。)
ぜひ、新しいチャレンジとして、皆さんのバスケットボールにもプラスになればと思います。




前回の振り返り


さて、まずは前回の振り返りを少し…
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール EC vs 秋田

今シーズンからFour Factorsを使い、数字の部分からゲームを振り返っています。

Four Factors についてはこちらをご覧ください。
http://goldstandardlabo.com/blog/2017/03/01/cb-4-factors-of-basketball/
引用元 ゴールドスタンダード・ラボ 
他にも学びの多い記事がたくさんありますので、ぜひご覧になあって見てください。

データをなぜ使うのか…
多くの考えがありますが、9/20から開幕したラグビーW杯

前回日本代表スタッフとして活躍された沢木さんの講習に先日行ってきました。
「ラグビーをデータから読み解く」
読売新聞さんのイベントです。

そこで沢木さんの言葉がすごく僕の中で印象に残りました。

「データは勝利のため、そして、成長のために使う」

データに囚われてもダメだし、データを使わないのもダメ
まさにそういうことで、僕も勝利のために必要…とはよく思っていました。
その中で沢木さんの「成長のため」という部分にはすごく感銘を受けました。

僕はコーチの経験からか、印象だったり、感覚を重視しますし、その嗅覚のようなものも
コーチの経験というプラス面があります。

しかし、もう片方のデータ(数字)がないと、そこには偏りが出てくることもまた事実だと思います。

バスケットボールは確率のスポーツですから、データ(数字)は非常に大切であり、また嘘をつきません。
しかし、そこに囚われ過ぎることなく、両方の側面からバスケットボールを見ていく。

そして、何より、数字は嘘をつかないからこそ、そこからどう成長して行くべきか?
が見えてくるのです。

僕はその必要性があると思うし、

強くなるため議論

みたいなものが色んなところで飛んでいますが、僕の中の答えは多くの人が

「印象と数字」

からバスケットボールを見れるようになることではないかなと考えています。




シュート期待値は…


さて、そこで今回はそのデータ(数字)の中から、シュート期待値を切り取ります。
以前87ラボの公式YouTubeの87Labのバスケを学ぼう(現在No.10まで更新)
でも取り上げました。


よかったらチャンネル登録お願いします。
めちゃめちゃテンションが低い、時代錯誤なチャンネルらしいですが、結構ハイテンションで頑張ってます。笑


まず、シュート期待値とはなんでしょうか。
簡単にいうと1回のシュートで期待できる点数です。
その選手が1回シュートを打つと(フリースローは2本)何点分に値するか。

例えば、期待値が1.5の選手と0.8の選手がいたとします。
期待値が1.5の場合、その選手が1本シュートを打つことは1.5点分の期待が持てる。
かたや0.8の場合その選手が1本シュートを打つことは0.8点分の期待がてることになります。

皆さんがコーチだったら、どっちの選手によりシュートを打たせますか?

という感じです。
(本来はシュートスポットや展開などいろいろありますが、今回は簡略化)

そして、選手には得意なシュートがあるはずです。
例えば、Aという選手はインサイドが得意で、2点の期待値が1,2だとします。
Bという選手はシューターで3点の期待値が1,5だとします。

そうすると1,5の方が期待値が高いので、確率論的に3Pシュートを優先するとなります。

これがW杯でよく議論になった世界は3Pシュートだけど…という話の根底にあります。
基本的には期待値は
フリースロー(FT)
スリーポイント(3P)
ツーポイント(2P)
の順になります。
(もちろんチームによって違うし、2Pもエリアやシチュエーションによって違う)

そこで、アーリーカップのレバンガ北海道の3試合の各選手の3P,2P,FTの期待値を出して見ました。

これを見て、印象と数字から感じることを考えて行きましょう。




印象と数字から


基本的に期待値は1を超えてくると優先するべきかなと思います。
その中で、まず、レバンガ北海道のそもそもの2P,3Pとも1を超えてきません。
これは昨シーズンもそうですが、シュートが入らない…
ではなく、そもそも期待値の高い(自分たちが作り出したい形からのシュート)が打てているのか?
という議論が必要です。

練習して期待値が上がるのであれば、日本一練習すればいいわけですし、
願ってシュートが入るなら、ブースターが願い続ければ期待値は上がります。

でも、そうではないのがバスケの面白いところで難しいところです。

ただ、バスケがまだよくわからない。
というファンでも、なんとなくシュート打った瞬間に

「これはきたー!!!」

みたいな時があると思います。

それが印象で、その場面を数字で出すとおそらくそこからのシュート
(細かくいうとその前の展開の作る方からのそこからのシュート)の期待値は
高くなる可能性が高いです。

印象と数字とはそうやって相関関係になることも良くあります。(逆も)

個人をピックアップすると橋本選手の期待値がすごいことになっています。
これだけ見れば、橋本選手のシュートをもっと多く作り出すことは勝利へのポイントになるかもしれません。
(細かい部分は今回は端折る)

あとは多嶋選手の3Pの期待値もこの3試合高い数字でした。
そこで考えるのが、印象と数字の部分で…

多嶋選手がスリーを決めたシチュエーションはどんなシチュエーションか?
ということを振り返り、作り出すこともポイントになりそうです。




また、キースの数字が意外と低いですが、これはExtraPassのポッドキャストでも触れていますが、キースはこのアーリーカップで最初と最後の試合で出している数字が全然違います。
秋田戦だけの数字はすごく高い期待値を出しています。

そこが尻上がりにギアを上げていった。という印象につながり、逆にどう得点した?は対策もされる部分になります。

逆にパプは2Pの期待値が高いですが、秋田戦のシュート成功は0
フリースローの期待値(1番高くなるはず)もかなり低い。
そうなるとB1でパプを止める方法はある程度予測が付いてしまいます。

個人的に鍵を握るのは松島選手かな…と感じます。
スタメンで出ているときの山形戦で、僕もon3の中で松島選手が消えている。
と言及しました。
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール EC vs山形

数字を見ても、この印象は正解だったように感じます。

期待値の偏りは相手からすれば、的を絞りやすくなるので、この現状を考えると
レバンガは中盤戦から後半戦が難しくなる可能性がある…

という予測が立ちます。




その中で、開幕戦、そして最後のプレーシーズンの三遠戦は色んな意味ですごく大切なゲームになると思います。

最初にも言った通り、数字にとらわれすぎてもいけません。
それを踏まえて、3試合の印象と数字を見て行き、僕が感じるのは

・橋本の使い方、マネジメント
・多嶋の3Pの作り出し方、特に3Pの期待値が高いことを考えれば、やはり多嶋はベンチからのスタートの方がより良い働きができるのはないか。(ベンチから出てくるメンバーの重要度はスタメンより高いのがバスケ)
・キースとマークのさらなる調子向上のへの期待
・松島選手、またそれ以外の選手の期待値の向上(そもそもシュートを打ってなかったり、いいシュートを打ててないので、彼らを活かせるような形は?
・ミークス入ったらどうなる?

という感じです。

その辺を気にして見るのも面白いかもしれません。

皆さんもよかったら印象と数字を使って、周りのバスケ仲間と色んな議論をして見てください。

レバンガ北海道から学ぶバスケットボール EC vs山形
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール EC vs 仙台
レバンガ北海道から学ぶバスケットボール EC vs 秋田




Bリーグ女子 中崎絵梨奈さん公式YouTube


「バスケ日本代表国際試合@さいたまスーパーアリーナ VLOG」

8/22-8/24さいたまスーパーアリーナでの日本代表戦特集!!

ぜひ、チャンネル登録を!!


スペインで活躍中!!木下勲選手公式YouTube


バスケに限らず、スペインに関する様々なことを発信するようだ。

ぜひチャンネル登録、フォローをして木下勲のスペインでの活躍を一緒に追いかけましょう!!




87Basketball Lab 上位記事
B think 〜強いチームはなぜ強いのか〜
B think 〜秋田vs千葉戦を考える〜
B think ~レフリーを考える No.2~
山本柊輔、新天地へ
若手プレイヤーの奮闘と挑戦 No.1

87Basketball Lab 人気連載
若手プレイヤーの奮闘と挑戦
輪島射矢を追いかけて
B think


87ラボは海外に挑戦する選手を応援しています!


若手プレイヤーの葛藤と挑戦
NCAA division3 で活躍中 酒井達晶1on1動画

NCAA division3で活躍中 鍵冨太雅1on1動画

87BAKETBALL LABは公式YouTube、公式ラインを展開中です。
ぜひご登録を!

公式ラインは現在220人以上が登録中!!

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA