目次


  • セカンドユニットの重要性
  • ゲーム2最後の攻防
  • 両チームにおけるスリーの価値

こんにちは、宮本です。

今回はこちらのゲームをピックアップして行きたいと思います。

なかなか勝利が積み上げられず、苦しいシーズンを送る両チーム。
だからこそこの直接対決負けられない戦いでした。

結果としては1勝1敗でしたが、非常に見所のあるゲームだったのではないかなと思います。

痛み分けはお互いにとって最低限の結果であり、どちらのチームにとっても連勝したかった。
というゲームだとは思います。

今回はすごく部分を切り取って、87目線でこのゲームを切り込んで行きたいなと思います。

滋賀は今年ほとんどのゲームを観戦して、追いかけさせてもらっているので、滋賀目線が強くなるかもしれないことをご容赦いただければと思います。




セカンドユニットの重要性


このゲームで僕が個人的に気になったのはセカンドユニットの重要性です。

個人的に福岡はまだまだセカンドユニットにやりたいバスケットボールが浸透し切れてないのかなと感じました。

滋賀はセカンドユニット、特にシックスマン的な役割で高橋選手が控えていることが多いので、最初のカードは彼になることが多いです。

高橋選手が入ることで、ゲーム展開がアップテンポにできますし、伊藤選手が復帰したことによって、ゲームコントロールが安定し、ベンチからの高橋選手や中村選手などの価値が非常に価値のあるものになったかなと感じます。

一方、スタートの5人がやろうとしていることをセカンドユニットが継続していくのか、変化を加えていくのかが、いまいちわかりにくいように感じました。

城宝選手のようなスペシャルな選手がいるわけですが、彼が下がった後に、何度かどうバスケットボールを構築するのか…ベンチのメンバーが彼と同じ役割をこなすのか、それとも違い味を出して変化を加えるのか。

途中でヘッドコーチが変更のちょっとした歪みはまだ、解消し切れていないのかもしれないなと感じました。

ただ、福岡はメンバーも能力が高い選手が揃っていると思います。
個人的には今シーズン開幕前にはダークホース的な存在になると思っていました。

ヘッドコーチのシステムが浸透すれば、軌道に乗ってくるのではないかなと思います。




ゲーム2最後の攻防


今回のゲームで細かくピックアップしたいのが、ゲーム2の最後の数分間

狩野選手を取り巻く攻防に僕は注目しました。
残り3分ほどで、狩野選手がピックを使い、そこからスリーを決め、58-51
タイムアウト前のシーンです。

ブレイク崩れの展開で、アーリーピックで狩野選手をピックアップし切れずに、フリーでオープンスリーを打たせてしまいました。

その前のオフェンスのターンオーバーもそうですが、そこですかさずボブナッシュHCがタイムアウトを請求

これが福岡の勝利の要因の1つになったのかなと思います。

ゲーム1では狩野選手に5本のスリーを含む19得点をやられて福岡は敗戦

ゲーム2はこのシーンまで2本か3本のスリーポイントだったはずです。
福岡は最後の最後に狩野選手潰しに成功していました。

(ただこの瞬間だけは失敗)




狩野選手はピックからスリーという難しいショットを難なく決めてきます。
福岡はそれに対して、特にゲーム2の後半に意識高く、狩野選手のピックプレーをハードヘッジ(もしくはショーハード)で絶対にスリーを打たせないように守っていました。

狩野選手はすごくハンドリングがいい選手なわけではないので、ピックでボールを持たせて、ハードヘッジで、リトリート(後退させる)させて、シュートの選択肢を排除し、かつ、強めにプレッシャーをかけることで、ロールさせて、オフェンスの停滞を作っていました。

狩野選手が決めること、また決めなくても、狩野選手のスリーで与える脅威からの外国籍選手のインサイドアタックなど。

滋賀最大の脅威を福岡は最後の最後
このワンシーンを除いてはよく抑えていたと感じます。

前日78点取れた滋賀のオフェンスが、ゲーム2では56点に抑えられてのは、そのような数字に残らないディフェンスの部分にもあったかなと感じました。




両チームにおけるスリーの価値


この両チームにはスペシャルなシューターがいます。
福岡の城宝選手と滋賀の狩野選手

そこを起点にインサイドや他の日本人選手が絡んでくる。

シューターという存在は本当に特別な存在だと僕は考えています。
特にボブナッシュHCと城宝選手の関係もなかなかスペシャルだと思います。笑

特にこの2チームはこの2選手がスペシャルな存在で、今後浮上して行くにしてもスリーの価値がかなり問われるのではないかと思います。

その中で、福岡はまだそこを生かし切れてないのかな…
と感じました。

城宝選手のいない時の停滞感であったり、城宝選手のシュートセレクションであったり…
爆発すれば、破壊力はすごいですが、まだ、そこに対する構築がしっくりきていないのかなと感じました。

ただ、怖いですよね。笑

いつハマるのか。というのは個人的に興味が湧きますし、ハマったときはすごいと思います。




逆に滋賀の狩野選手はここ数試合安定的に結果を残せていると思います。
彼の安定によって、インサイドへの偏りが減り、外国籍選手がいいタイミングピックにきてくれるようになっているので、やはり今後の滋賀のキーは彼が握っていると思います。

問題としては、今回福岡が最後に遂行できた、スリーを消し、リトリートさせるようなディフェンスにどう適応して行くのか。

新外国籍選手も加入し、けが人も戻ってきたので、今後も注目して見て行きたいなと感じます。

今回はスリー、そしてワンシーンに特化して切り込んで見ました。
そのスリーを止める。決める。
そこからの展開、攻防で見えてくることもあると思います。

何か今後皆さんの参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。





過去のゲームレポート
第13節 大阪エヴェッサ vs 滋賀レイクスターズ
第12節 滋賀レイクスターズ vs 三遠フェニックス
第11節 アースフレンズ東京Z vs 八王子ビートレインズ
第10節 三遠ネオフェニックス vs 滋賀レイクスターズ No.2
第10節 三遠ネオフェニックス vs 滋賀レイクスターズ
第8節 アルバルク東京 vs 秋田ノーザンハピネッツ
第7節 栃木ブレックス vs 滋賀レイクスターズ No.1
第6節 滋賀レイクスターズvsシーホース三河
第3節 アルバルク東京 vs 栃木ブレックス
第2節 川崎ブレイブサンダースvs滋賀レイクスターズ
第1節 滋賀レイクスターズvs新潟アルビレックスBB
第1節 アルバルク東京vsサンロッカーズ渋谷
B1開幕!!千葉ジェッツふなばしvs川崎ブレイブサンダース 10/4
Bリーグ開幕戦 八王子ビートレインズ vs アースフレンズ東京Z




——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-

公式ライン限定のバスケットボールのスキル、戦術、観戦ポイント
動画も配信中

公式ライン 今節の気になるプレーなどのライン限定動画など配信中

ラインにて @jme6416y

で検索か

https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y

から友達追加をお願いします!!

公式YouTubeチャンネル
87Basketball Labチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvxDY2tuuoO-9MKpkrPmz2Q

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!
(ゴルフ、身体の使い方などの動画も配信中)
初心者、部活生、ブースターにオススメ!!
バスケ豆知識、もう少し掘り下げよう動画配信中!!
大人気!ピックアンドロールから考えるバスケットボールスキル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA