こんにちは、宮本です。
豆知識No.3は先日、ツイッターのフォロワーさんと話題になった
今シーズン、滋賀レイクスターズに移籍した伊藤大司選手のプレーから
チャージングにまつわるお話です。



オフェンスで盛り上がるプレーってたくさんあると思うんです。
勝負どころのシュートやダンク、キラーパスなど

では、ディフェンスで盛り上がるプレーってどんなでしょうか?
例えば、先日の代表戦で川崎の篠山選手のハードディフェンスでの
相手のターンオーバーを誘うプレー
また、アルバルク東京の竹内選手のブロックショットやリバウンド
色々あると思うのですが、その中の1つに

オフェンスチャージングをとった時があると思います。

今回説明するテイクチャージとは
オフェンスからするとチャージングを取られること
それをディフェンス視点からチャージングを狙って誘発させることを
テイクチャージといいます。

 

宮本のツイッターから
よかったらフォローしてください!



試合の中でチャージングって数回あるかどうかのプレーです。
その中でも、スクリーンやオフェンスが手を使ったチャージングではなく

コースに入って綺麗に決まるチャージングは会場の空気を一変させます。

それが得意な選手が伊藤大司選手

テイクチャージのポイントとしては
まず、しっかりオフェンスのコースに入っていること
次に両足が接着していること
床に垂直に立っていること

などがポイントに挙げられます。
詳しいことは公認審判の方いましたら、教えてください。

このプレーの何がうまいのか。
それは、伊藤大司選手の
ハーキーステップ(細かく刻んでくるステップ=チャッピーステップ)
によって、速攻のオフェンスとの駆け引き
若干のスピードダウンを起こした結果
大股で走ってるオフェンスは急に止まれない
細かくステップを刻んでいる伊藤選手は急に止まれる

ノーチャージセミサークル(チャージングとられない場所)
前で
ある程度のオフェンスとの空間をあけてストップ
そのまま進んできたオフェンスが正面からぶつかってきて

オフェンスチャージング!!!!

会場がどっと湧くわけです。

これは狙って行っていますが、そのためには
駆け引きができる冷静な判断
そして、細かいステップ
(だから辛いと思うけど、フットワーク頑張ろう!)
そして、ぶつかることを怖がらない勇気

が大切です。

めちゃめちゃナイスプレーですね!

ちなみに、怖がって接触してないのに接触した風に倒れると
わざと転んでファウルを誘ったということで
テクニカルファウルがコールされるはずです。
注意しましょう!笑



87Basketball Lab 特別クリニックのお知らせ


すでに何件か、参加、お問い合わせいただいております!!
ありがとうございます!!

7/24 火曜日 19時〜21時 @西東京
(詳しい場所は参加者にのみお伝えします。)

B3 東京エクセレンス SF
三浦佑太選手 1on1 クリニック
テーマ
ディフェンスを自在に操る1on1テクニック

詳しくはこちらから ↓ ↓ ↓
ディフェンスを自在に操る1on1テクニック
を行います!!
本日から参加者を募集します!!!

対象は選手、指導者、ブースター
男女可能、レベルは問いません。
しっかり話を聞いて取り組めるバスケが好きな方を大募集!!
(会場広いので、ブースターの方もぜひ、日頃見ることのできない
プロ選手の1on1スキル、考え方を感じ取りに来てください!!)

参加費
2500円

詳細は以下からご連絡いただいた方にのみ、お伝えします!

参加希望者は
basketball_lab87@yahoo.co.jp
もしくは
87Basketball Lab 公式ラインに友達登録の上、個別メッセージください!!
ラインにて @jme6416y
で検索か
https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y
から友達追加をお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA