目次


  • プロ選手が語る基礎という言葉の重み

  • 試合のための練習をしよう

  • 誰よりも考えて、誰よりも強い意志で誰にでもできることを突き詰める


輪島射矢選手 17-18シーズン新潟アルビレックス
詳細はWikipedia北海道出身のSGです。
Twitterアカウント https://twitter.com/41illiya
輪島選手はオリジナルウエアブランドも展開しています!!
こちらから
↓ ↓ ↓
オリジナルウエアブランド Itn’t web store
↑ ↑ ↑





まず、今回の大雨災害において被災されました方々に
心よりお見舞い申し上げます。
87ラボとしても1日も早い復興に向け、活動日の募金活動などを
初めております。
今後も少しでも力になれることを探して活動して行きたいと思います。

今回は、先日開催させて頂きました
輪島射矢Basketball clinic in TOKYO
について書かせて頂きます。

僕が感じる輪島選手のバスケットボールへの向き合う姿勢や信念
彼から感じることを僕なりに書いて行きたいと思います。

その前に、今回このクリニックは7/8に開催が決まりました。
色々あってなんとやろう!となって本格的に動き出したのが4日の水曜日(笑)

それでも当日、7名の参加者に集まって頂き、
もの凄く中身の濃いバスケットボールの時間を過ごすことができました。

今回本当にSNSなどを通じて多くの方のご協力、応援頂きました。
特に過去に輪島選手が所属していたチームの地域の方々からは
頑張ってください!や自分(子供)も参加したかったです!など
メッセージなどもの頂き、本当に感謝以外の言葉がありません。
心から感謝いたします。
今後もみなさんの力をお借りし、バスケットボールを通じて、よりよい交流や
バスケットボール環境の整備に尽力できればと思います。

本当にありがとうございました。




プロ選手が語る基礎という言葉の重み


僕自身、何度か輪島選手のクリニックやバスケの話などをさせて頂いています。
今回、輪島選手が組んでくれたメニューの中で、すごく意外にも思えるドリルがありました。
これは僕だけでなく、参加してくれた育成年代の選手も感じたように僕は思います。
そのドリルが

対面のパス練習

今回、内容の細かい部分はお知らせせずに、開催となりました。
もしかしたら、内容が自分が求めているものだったら、参加したよ!
という方もいたかもしれません。
しかし、そこにも狙いがあり、
輪島選手は参加者の年齢や人数などに合わせて、
多くの選択肢や必要性の中から、メニューを構築してくれました。
(今回は1時間半くらいかけて作ってくれたそうです。)
その中には、輪島選手がアメリカやプロ、自分が辿ってきた道の中で
得てきた、考えてきた、ぶつかってきたものが
たくさん散りばめられていました。
僕と輪島選手は中学が同じなので、あ、これ◯木先生の話か?笑
なんて話もありました。笑笑

話戻って、僕としても、対面のパス練習を行ったことには驚きました。

しかし、輪島選手が説くパスの大切なことの1つに

大事なものを大事な人に渡すとき、どんな渡し方をしますか?

という問いが出てきて、指導者である僕自身ぞっとしました。
その後、手の向きや足の場所など細かく指導してくれました。

合わせて輪島選手は
プロ選手も今のオフの期間に基礎からトレーニングを始める
という話を聞かせてくれ

まっすぐドリブルがつけているか

本当にそれくらい基礎の部分の見直しからやるんだ
という言葉には参加してくれた選手も基礎という言葉の
本当の大切さを感じてくれているようでした。

僕自身、指導者として、基礎の大切さは常に伝えてきました。
しかし、僕とプロ選手である輪島選手では基礎の捉え方が全く違う

それは、やっているトレーニングではなく
それに対する考え方と向き合う意識です。

こういう姿勢や重要度を
育成年代の指導者はもっとしっかり向き合うべきだと感じました。

(ただ、限られた期間でそれを行い、最後に勝利を目指すというのは
正直無理な話です。今後、そういう部分は本当に日本バスケの課題になるのだと
思います。)

今回、輪島選手とパス交換をした選手達には
プロのパスを受け止めて感じたことを
忘れずに、また、輪島選手が伝えてくれた基礎の大切さを
忘れずに、日々のトレーニングに向き合って欲しいと思います。





試合のための練習をしよう


恥ずかしながら、これも僕も常に指導でいう言葉です。
しかし、その中で1つ感じたのが、
実は自分が1番、練習のための練習をしているという反省でした。

バスケに限らず、指導者の方なら、この言葉は1度は口にされたことがあると思います。
しかし、それが逃げの言葉になっていると感じたことはないでしょうか。

僕はゴルフもやります。
その時、スクールに通っている方からよく聞く言葉が

「先生の言っているスイングは僕には難しくてなかなかできないね、
練習が足りないよ」

という言葉です。

果たして、その練習の先に、目標達成があるのでしょうか。
僕は疑問なんですね。

僕はこれを、目的と手段の間違えてはいけない。とよく伝えています。

目的を達成するために手段があるのに、日本人はよく気づけば
手段が目的化させている
ということです。

僕自身反省しました。




今回参加者が中学生以上であったこともあり、
輪島選手が、試合を意識したときに、本当に必要な練習をしよう
と伝えてくれました。

そのドリブルは必要ないよね
とか
素早くシュートに行くためにキャッチした時の足の作りなど
本当に細かい部分です。

常に輪島選手が問いかけていたのは
試合では…
ディフェンスが…
という話がありました。

僕自身、まずはできるように…と思って、
頑張れ、頑張れ!お、いいね!
なんて声をかけている時があります。

(現代チックな褒める指導?)

しかし、輪島選手は褒めている中にも、
常に、試合で使うんだ!という

試合というワードを

選手に忘れさせることのないワードが飛んでいました。

これは、当たり前なのですが、すごく大切なことだと感じました。

以前、輪島選手に
「宮本はどんなバスケが好きなの?」
と聞かれ
究極はパッシングや、ドリブルドライブからキックアウトだけで
ワイドオープンでシュートが打てる簡単に見えるバスケがしたいです。

と答えた時

俺も、同じこと思うよ!

と言ってくれました。
しかし、その同じ青写真の中身、
突き詰める姿勢や求めるものは雲泥の差でした。

逆に言えば、だからこそ
輪島選手は今Bリーガーとして活躍している理由がそこにあるのかもしれません。



誰よりも考えて、誰よりも強い意志で誰にでもできることを突き詰める


今回輪島選手から感じたこと

誰よりも考えて、誰よりも強い意志で誰にでもできることを突き詰める

多くの選手が、誰にもできないようなこと
NBAのスター選手ようなものに憧れます。

しかし、彼らも同じでしょうが、
誰よりも自分の強みや弱みを考えて、バスケットボールを考えて、
そして、誰よりも強い意志を持ち、誰にでもできることを突き詰めているのだと

輪島選手から感じました。

先ほども書いたように、
僕と輪島選手は同じ指導者からある時期習いました。
ある意味、バスケにおいて、同じ青写真を描く一部分が
その時代の教えにもあるはずです。

二人とも選抜などには入ってない
なんなら、U15までの実績は僕の方が上です。

しかし、15年経ってこの差はなんのか。

それはこの言葉に集約されている気がしました。

同じようなバスケの青写真を描いても、
僕と輪島選手では、知っている知識も、突き詰める意志も違う

同じようで、全く違う

それはきっとバスケにも出てくるはずです。

最先端の知識や戦術、トレーニングも大切です。
しかし、もう一度自分の足元を見直して見ましょう。




今回行った、対面のパス練習のように

そこから知り得ることがまだまだボロボロこぼれてきます。
先日アースフレンズ東京の東頭ACのセミナーに参加した時も
似た話がありました。(また後日)

上ばかり見て、実は得られるはずのすごく大切なことを
僕らは、見過ごしていたのかもしれません。

輪島選手が語った基礎という言葉を
感じたこと、聞いたことを
参加してくれた選手たちは常に、心の何処かにおいて、
全ての練習が自分の成長につながるようなこれからを
過ごして欲しいと願います。

87Basketball Lab 特別クリニックのお知らせ


すでに何件か、参加、お問い合わせいただいております!!
ありがとうございます!!

7/24 火曜日 19時〜21時 @西東京
(詳しい場所は参加者にのみお伝えします。)

B3 東京エクセレンス SF
三浦佑太選手 1on1 クリニック
テーマ
ディフェンスを自在に操る1on1テクニック

詳しくはこちらから ↓ ↓ ↓
ディフェンスを自在に操る1on1テクニック
を行います!!
本日から参加者を募集します!!!

対象は選手、指導者、ブースター
男女可能、レベルは問いません。
しっかり話を聞いて取り組めるバスケが好きな方を大募集!!
(会場広いので、ブースターの方もぜひ、日頃見ることのできない
プロ選手の1on1スキル、考え方を感じ取りに来てください!!)

参加費
2500円

詳細は以下からご連絡いただいた方にのみ、お伝えします!

参加希望者は
basketball_lab87@yahoo.co.jp
もしくは
87Basketball Lab 公式ラインに友達登録の上、個別メッセージください!!
ラインにて @jme6416y
で検索か
https://line.me/R/ti/p/%40jme6416y
から友達追加をお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA