今週末注目の道産子Bリーガー!!




目次


  • B2が熱い!!
  • 天皇杯が開幕!!
  • 海外で活躍する道産子も!!

皆さんご無沙汰しております。宮本です。

最近はもっぱらエクストラパスとバスケットボールダイナーでの活動が主になっております。

最近の活動
エクストラパスでの記事

バスケットボールダイナー

など、ありがたいことに関東近郊のクラブやユースの取材などに行かせてもらっております。

よかったらチェックしてみてください。

そんな中で、北海道方面で少し残念な発信を見かけました。

「来週、Bリーグが再開!!」

今、B1はバイウィークで試合がありません。よって確かに、レバンガ北海道の試合はないのですが、B2はやっている!!!
B2を知らずにBリーグを語って欲しくない!!笑
なんなら道産子プレイヤーもたくさんいる!!笑

また、週末には天皇杯もある!!!

今はコロナ渦ということで、残念ながら会場にいけない方も多いと思います。
そんな中で、レバンガ以外にも魅力的なバスケットボールが配信で見れる環境であるのに…

見ないのはもったいない!!!

ということで、今回はB2と天皇杯の個人的おすすめ道産子Bリーガーをピックアップしていきたいと思います!



B2が熱い!!


さて、僕がTwitterなどでも頻繁に言っております。
今シーズンは(も)B2が熱い!!

しかし、北海道の方にとっては気軽に試合を見に行けるわけではないのが事実…
そう考えれば、知らないのは当たり前…というのもうなずけます。

しかし、本当に魅力的なリーグであり、道産子Bリーガーもたくさん活躍しています!

詳しくは以下を参照
道産子Bリーガー 20-21シーズン

現在B2には6人の道産子Bリーガーが活躍中です!(抜けていたすいません。)



青森ワッツ
No.22 門馬圭二郎 94年生 185cm SG/SF(上士幌町出身 白樺高→日本大)

群馬クレイサンダーズ
No.11 田原隆徳 94年生 181cm SG(恵庭市出身 恵庭南高→札幌大)

アースフレンズ東京Z
No.41 輪島射矢 85年生 176cm SG (札幌市出身 札幌光星高→アップルスポーツカレッジ)

西宮ストークス
No.2 福田真生 89年生 193cm SF(南幌町出身 大麻高→青山学院大)

愛媛オレンジバイキングス
No.8 山田友哉 97年生 177cm PG/SG (札幌出身 駒大苫小牧→大阪体育大)
(ルーキー)

佐賀バルーナーズ
No.13 小松秀平 85年生 SG 184cm SG (札幌市出身 東海大四高→国士舘大)

全員を紹介したいのですが…長くなりすぎてしまい、収集が付かなくなるので…

この中で、個人的に注目なのは、青森でキャプテンを務める門馬圭二郎と佐賀でキャプテンを務める小松秀平選手です!

まず、門馬圭二郎選手は今シーズン全15試合にスタメン出場。
平均のプレイタイムは20分2秒。
平均4,7得点と決して高くはありませんが、勝負所でのスリーポイントと雄叫びは青森はもちろん、道産子の胸も熱くさせます。

何より注目ポイントはハードなディフェンスであり、日本人スコアラーはもちろん、今シーズン増えたフォワードタイプの外国籍にもマッチアップし、相手の攻撃の起点を潰す存在です。

残念ながら、今節は新型コロナの影響で試合が延期となりましたが、なんと今週末のプロレスマッチに間違ってタグ付けされるというミラクルも起こす、今一押しの道産子選手です!笑





もう1人は佐賀バルーナーズの小松秀平選手!!

B2に昇格し、首位を走る台風の目となる佐賀を支えるシューターであり、キャプテンです!

小松選手は昨シーズンのB3のスリーポイント王です!
今シーズンはB2に昇格し、15試合中5試合のスタメン出場。
そして、スリーポイントの確率は39,7%を誇ります。

佐賀の試合を見ていれば、必ずここぞという場面で小松選手がスリーポイントを沈めてきます!

何より佐賀はB2の西地区首位!!

スペイン代表アシスタントコーチのルイスHCが作り出すバスケットボールはもはや芸術であり、勝負所で見せるスペインが誇る3-2ゾーンなどは必見です。

ということで、今節は佐賀を見ましょう!笑

など、他にも4名が在籍しておりますが、魅力的なチームが多く、どの試合もいつもとは違うワクワクを感じるはずです。



天皇杯が開幕!!


B2は土日と試合が行われますが、忘れてはいけないのが、天皇杯です。

今シーズンはコロナの影響でフォーマットが変更され、縮小しての大会になりますが、29日に登場するのが、東京エクセレンスです!

現在、宮本は東京エクセレンスの密着ドキュメンタリーの制作をバスケットボールダイナーで担当させていただいております。




現在、第4回まで配信されています。



そんな東京エクセレンスには2人が在籍しています。

東京エクセレンス
No.51 田口暖  97年生 171cm PG (海星学院高→アップルスポーツカレッジ)
No.21 長澤亮太 97年生 189cm SG/SF (東海第四高→東海大学)
(ルーキー)

田口選手はすでにベテランの風格さえ感じるPGです。
スピードとディフェンスに魅力のある選手であり、今シーズンは得点力やフィジカルも向上しているまさに今が旬の選手の1人であると思います。

エクセレンスには現状、田口選手と宮田選手のみのPG登録のため、密着取材をしていても、チームから田口選手にかかる期待の大きさを感じています。
※田口選手はYouTubeの第3回に登場します。
また、田口選手についてはスタンドFMでも話しています。

もう1人がルーキーの長澤亮太選手です。
東海大学から東京エクセレンス入りし、この天皇杯がプロデビューになります。

何より、道産子のキャリアの最初の試合から追いかけられるのは必見ではないでしょうか!

長澤選手はスリーポイントに魅力のある選手です。
また現在はピックアンドロールのトレーニングにも取り組み、ガードとしてのスキルを高める一方、プロとして戦うためのフィジカルの向上にも着手しています。

自主練習でシューティングに励んだり、ハンドリングに励んだり、フィジカルトレーニングに励んだり‥東海大学時代は4番ポジションだったので、ウイングとしてのプレーを見ることができるのも新鮮だと思います。

29日はバスケットライブで天皇杯とYouTubeで天皇杯も配信されますので、2人の道産子プレイヤーの活躍もチェックしてみてください!!



海外で活躍する道産子も!!


また、道産子の活躍は日本にとどまりません。
遠いドイツの地でコーチとしてキャリアを歩む道産子もいます!

その名が宮崎哲郎。

以下記事を

日本でもHCを歴任した名将ジョン・パトリックの元でアシスタントコーチとして活躍中!!

他にもバスケットボール普及を目的とするTwitter投稿など、様々な活動をされ、インタビュー記事なども掲載されています。
必読です!

日本、世界を見回してみると、本当にたくさんの道産子が活躍しています!

これも北海道のバスケットボール人気の高さの証明かもしれません。

ぜひ、この週末はB2や天皇杯、海外バスケットボールで道産子の活躍を応援しませんか?
きっと新しいバスケットボールの楽しさや魅力を発見するはずです!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA